日頃、いろいろなことを気にかけていて、

自分はどのように受け止めるかとか、

どのように感じるのかを、胸中で浮き彫りにして、

誰かに伝える、文字に置き換えることがあります。

 

どんな物事にせよ、概要をとらえる時に、

そこには一定の正確さが求められますが、

どうやら話の着地というか終わり方は、

決してひとつではないなと感じています。

 

ある程度、言いたいことが収まって、

それが同時に、相手に伝わってもいる場合、

最終的に、どうであるかの差異は問わないというか、

そこまで微差にこだわらないというのがあります。

 

コトと次第によれば、寸分のズレもないことが、

非常に高い精度で求められることもあるでしょうが、

おおむね合っていれば問題ないことも多いわけで、

そのあたりは柔軟に融通するという具合でしょうか。

 

普段、こうして書きつけているうちに、

これはぜひとも伝えておきたいということもありますが、

実際には、書きつけているうちに新たな発想を得ることもあって、

当初の目論見とは異なることも結構多いような気がします。

 

場合によっては、思っていることに輪郭を与えたいから、

かなり見切り発車的にはじめることもあって、

そういう時には、どこに着地するのかだなんて、

最初から決めていないこともあります。

 

それでも、思いつくことの端々を並べていけば、

自分は意外とこのように思っていたんだなとか、

こう思うけれど、少しは調整が必要だなとか、

そういうことを感じながらやっているので、

自分自身、得るものが大きいなと思っています。

 

そうして、同じことを考えるにしても、

自分のモノの見方というのはそれなりにありながら、

多面的、多様に考えることもまた大切だと思うので、

そういう視点や観点を組み合わせていくのが、

豊かな発想につながるので、心がけていきたいところです。

 

景色にしても、地上で見ているだけの見え方と、

空中に高く上がっての見え方とでは大きく変わりますし、

それによっての、自分の変化への感じ方もあるでしょうから、

良い意味で固執しないことが良いとも言えそうです。

 

論理は単線的と思いきやそうではない、

自分の中でもそうですし、誰かとの意見ともそう、

それが良いとか間違いでなくて、正すものでもなくて、

そういうことなのだと感じ取ってもらえたら本望です☆

 

 

*シェアはこちらから*