仕事でも趣味でもどの分野でもそうですが、

実際にやっている人は、深く精通しているものです。

 

かなり大雑把に取り上げてみると、

絵描きの人は、絵筆や絵の具の種類や特徴を知っているし、

料理人は、包丁の種類や食材の知識を知っているものです。

 

ただ、分野全体を隈なく見渡せているかといえば、

自分のやっていることがどうしても主軸になりますから、

逆説的な気もしますが、直接的に関わっていない人の方が、

客観的であるために、広範にとらえている可能性があります。

 

先の例で言えば、絵描きの人は、同じ芸術であっても、

彫刻とか陶芸とかは、ほとんど知らないとか、

料理人にしても、和食を突き詰めていれば、

中華料理は、さほどではないということがありそうです。

 

このあたりは、結局は関わり方の違いなので、

個人それぞれの裁量次第で良いと思いますし、

広く深く詳しいに越したことはないけれど、

詳しいから偉いみたいなことはないわけです。

 

自分自身も、直接やっていないから、

それほど大言壮語するようなことはありませんが、

音楽を聴くのが好きだから、本を読むのが好きだから、

それにまつわる周辺の知見を吸収するようにしています。

 

他にもそういうことや瞬間的に夢中になるものとかあって、

普段の生活では、なかなか開陳するようなこともないものの、

長いこと愛好していると、結構詳しくなっているなと、

これはもしかすると(もしかしなくても)詳しいのかと、

改めて認識するような機会が、最近ありました。

 

性格的にも、知らないことを知るのが好きなので、

なかなか分かち合うには難しいかもしれないけれど、

少なからず自分は興味をかき立てられるということがあります。

 

そういうものが、種々雑多に次第に堆積していくと、

知識のそれぞれが有機的に結びつくように、

物事の見方が身に馴染んでくるようなこともあって、

脳みその使い方とともにより良くなってくるものです。

 

自分自身、会話の引き出しは多くありたいし、

多くの人とも親しくなれるようにもなりたいので、

普段では、どちらかというと分かち合いやすい方を採って、

そこを追求するのが良いのかなという傾向もあります。

 

そのあたりが見事にミックスト・アップしてくると、

非常に滋味深い味わいをお届けすることができるのかな、

そんなことを思い、日々また興味を持っていくわけです☆

 

 

*シェアはこちらから*