今年は、例年になく夏の暑さがそれほど過酷でなく、

どうにか乗り切ったという感覚は少ないものですが、

秋になる手前は、残暑が尾を引いていることが多いものです。

 

日差しが強いとか、気温が高いようなこともありますが、

全体的に空気が乾燥していることも多いので、

その分はしのぎやすいのかなと思います。

 

それでも、油断は禁物ということは言わずもがな、

この時季は、昼間と夕方〜夜の寒暖差が大きくなるので、

昼間は半袖であっても、夜には何か羽織りたいとなります。

 

なかなか服装をどうするのが適しているかなんて、

その日になってみないとわからないことが多いのかなと、

秋口の天候は予測がしづらいのはあるでしょうね。

 

それでも、個人的な見解としては、気温や湿度の面で、

年間を通してみても、快適に過ごしやすいのがこの時季ですし、

ある意味では、脱ぎ着の調節を自在にできるので、

おしゃれということからも、楽しみやすいやすいのはあります。

 

そういうことも、頭のどこかで意識していないと、

今日は晴れ、明日はどう?みたいな移り変わりばかりを気にして、

過ごしやすい2週間くらいをやり過ごしてしまうものです。

 

近年は、紅葉のタイミングが結構後の方になってきているので、

暦の上と周囲の変化と自分の実感とが、いくらか異なっていますが、

季節に応じて着る服の雰囲気として、何が適切かと言えば、

どちらかというと、赤系や茶系が暖かみがあって良いのかと思います。

 

その時ごとの流行の傾向みたいなものはあるかもしれませんが、

定番のもの、たとえばチェックのシャツにデニムみたいな、

あるいは、タートルネックにロングスカートを合わせ、

ストールを肩にかけておけば、空調に対しても調節も効きます。

 

惜しむらくは、次第に厚着・重ね着になっていくので、

シルエットはわかれども、ラインはわかりづらくのなるかなと…、

はい、女性の着こなしを念頭において綴っております。

 

それはともかく、今しばらくは大丈夫だとは思いますが、

何かの拍子に、くっきり空気の冷え込みを感じるので、

それまでに上着なんかを備えておくのが良いですね。

 

上着と言えば、毎度のように一度は「MA-1」が気になり、

そしてまた、「モッズコート」が気になりつつも、

結局は、次回に持ち越すの繰り返しを続けております。

 

これでまた、秋が深まっていくうちに、

女性のブーツがお目見えするようになれば冬の入り口、

それもまた、ひとつの指標となる気がします☆

 

 

*シェアはこちらから*