男女の恋慕というのは、そのまま人の歴史でもあって、

惚れた腫れたのあれこれが、次の世代に続くわけです。

 

少なからず、自分自身がそうだったのですが、

多くの人にとって、物心つくあたりでは、

お父さんとお母さんがセットであるのが当然のことと、

疑ってかかるようなことはありませんでした。

 

ただ、自分自身が大きくなってくると、

前提として自分は男性で、それは性別の片方であるわけで、

そう考えると、自分にとっての最適なパートナー=片割れとは、

一体どのような女性であるか、深く思案すると同時に、

もともとは他者であるだけに、互いに親となるような結びつきは、

非常に奇跡的というか、稀なことなんだなと思いました。

 

他人のカップル(英語)、アベック(フランス語)を見ると、

客観的にああだこうだと好きなように言えるものですが、

これが、当事者として自分のことになると、

途端に思考が停滞するような気持ちになります。

 

結構、恋愛をロマンティックととらえる向きもありますが、

自分にとっては、リアルガチそのものなので、

そこに幻想を抱くようなことはまるでなく、

ある意味で、自分の気持ちのみならず言動のいちいちが、

現実に反映してくる責任や自覚を促されるものです。

 

そう思うと、非常に本能的な衝動でありながら、

どこかで理性的というか、実際的な判断が求められるので、

及び腰になりつつ、ともすれば消極的になることが多いかもしれません。

 

時に、誰かの存在を求めても満たされなければ、

まさしく半人前と、至らぬ気持ちが大きくなるもので、

ひとりを好む一方で、良い出会いがあることを望むものです。

 

数多くの浮名を流すような恋愛マスターになりたいというより、

たったひとりであっても、最高の理解者を得る方が、

自分の心の満たされ具合としては大きいかなと思います。

 

どんな絶世の美女、高嶺の華であろうとも、

お父さんとお母さんの存在があってその人がいるのだから、

極端にお父さんとの関係を拒絶しているのでない限り、

これをひとつの模範とするのは良いのかもしれません。

 

このあたりに勇気を得て、行動に移してみる、

杉良太郎さんばりの流し目をしてみたり、

髪色や化粧の変化に気づいたりするのが良さそうです。

 

「月がキレイですね」とまでいかなくても、

まずは「今日は良い天気ですね」からはじまる関係、

喉がカラカラにならないようにしたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*