日頃、感情の機微を大切にしようと思っていても、

いざ思考と異なる方向に反応してしまうと、

それを押し殺すようなことをしていることがあります。

 

あとは、自分が自分らしいと思うことと、

周りが自分らしいと思うことの差異が少しあって、

周りの方に合わせるなんてこともあるかもしれません。

 

自分は、赤色とかピンクなどの色合いが良いと思いつつ、

服装においては、黒とか青とかの方がしっくり収まることがあります。

 

好きと似合うが異なることが、少し異なる位相にあるわけですね。

 

このあたりになると、性差やジェンダーみたいなことにもなるので、

これはまた、別の機会に考えていきたい観点であります。

 

または、正しいかどうかとか、自分が思うかどうかとか、

選択をする場合、どの辺りを判断の軸とするのか、

もしもそれが多かったり、決めあぐねたりすると、

なかなかどうしたら良いかということになりそうです。

 

場合によっては、いろいろなことを加味して、

慎重に判断することが必要であるような場合では、

単純に右か左か、白か黒かのようにはならないので、

バランスを上手に保つことが求められもします。

 

自分個人での判断であれば、当然、自分次第ではありますが、

周囲との連携であったり、他の人が介在したりすれば、

あらゆる角度から検討することが大切になってきます。

 

決して我慢をするわけではありませんが、

その時々にふさわしい振る舞いもあって、

思いのままとなることは、きっと少ない気がします。

 

無理がたたると、何らかの反動も出てきそうで、

自分の素直なところと、適切な対応の仕方と、

重なる部分が多い方が整合性に矛盾は出ないことでしょう。

 

それにしても、自分の判断の軸はどこにあるのか、

その都度、即座に確かめるようにしておくのが、

発表するのかしないのかは別としても、

心の中で確かめておくのが良いでしょうね。

 

結局、何も考えていない、流されるがままなのは、

自分自身の意見や感想がないとみなされてしまいますので、

心の反応とか、考えに添うかどうかなど、

つぶさに観察しておくのも、良い試みと思います。

 

直観というのも、的を射ることが多いようなので、

そういう素直なところも大切にしつつ、

多様な思いや考えを慮ることができるのが、

広く対応できるコツのひとつかなと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*