それは決して思い悩むことばかりではないのですが、

心の中にあることをすべて吐露するようにしてみると、

随分とすっきりとした気持ちになることがありました。

 

すると、今度はすっきりしすぎるがあまり、

何のわだかまりもない、静かな心地となってしまいました。

 

その状態にあっては、平穏なことでは好ましいのですが、

何か目標を打ち立てて向かっていくような時にある、

気迫というか、こだわりみたいなものがないために、

前進するだけの気概がないということになってしまいます。

 

そうすると、多少は現状に対する意見であったり、

時には不満みたいなことがなかったりしないと、

どうにもならないのだなと思いました。

 

そこでは、いくらかのストレスがあるわけですが、

それを打破しようとする心の動きが生まれるわけなので、

何もないというのは好ましくはないのだなと思いました。

 

ただ、ストレスというと、身体や精神に負担をかけるもの、

そのようにとらえることが多いと思いますが、

有効に用いれば、前に進む原動力ともなり得るものです。

 

筋力や体力でなぞらえるとわかりやすいものですが、

適度なストレス(負荷)がないことには、

成長や気づきがもたらされにくいということになります。

 

これはまた、普段の生活や仕事においても同様で、

自分の持てる力かそれ以上をださないといけない状況があるから、

どうにかして克服していこう、成長していこうとなって、

それが、上記のようなことにつながっていくわけです。

 

これはまた、少し異なる観点となりそうですが、

空腹であれば、何かで腹を満たすようして、

エネルギーや栄養を取り込むのが、ひとつ大切なことです。

 

そして、それは活発に動いていけば消費されますが、

そこでまた補給をする、そしてまた次の活動となって、

そうして消化と補給を繰り返すことによって、

肉体的、精神的なたくましさを得ていくのでしょう。

 

何もないのであれば、原動力や燃料を注ぎ込み、

どうにかこうにか、強引にでも動くようにした方が良いわけですね。

 

今は、すっきりとしている状態であれば、

無理のないくらいに、新しい刺激を求めつつ、

次の局面に向かっていくのが良いと言えそうです。

 

こういうものは表裏一体の関係でもあるので、

ひっくり返して考えながら、どちらの良さも引き出していく、

つまりは、初心は忘れずにいながら、新しいものを取り入れる、

どうにかこうにか現状を良くしていくのが好ましいわけです☆

 

 

*シェアはこちらから*