日頃、少なからず誰かと関わっていると思いますが、

そこでの関わり方はいかほどものものなのか、

はたと振り返るような思いになることがあります。

 

仲が良いかどうかという観点もありますが、

もう少し基本的な、良い関係であるかどうか、

そちらもまた大切かなと思います。

 

最初は、遠慮や気遣いがあるような気がしますが、

やがて気心が知れるようになってくると、

そういうところが少なくなっていくのは、

どうしても免れ得ないことだなと思います。

 

有体に言えば、"私とあなた"の関係において、

相手に望むことばかり多くなってしまいがちですが、

しっかり相手の望むことに応えられているものか、

猛烈に反省(猛省)するということではないにせよ、

考え直してみるというのは大切なことだなと思います。

 

自分がされて嬉しいことは、同様にして相手にもすると良い、

そういう当たり前のことも、ついつい忘れがちになってしまいます。

 

そうことをするから良いのだろうと思っても、

良いようにするだけの気持ちが伴っていないと、

ややもすれば、あざとさが出てきてしまうかもしれません。

 

もう少し自然な形で配慮できるのが、

こちらとしてはできることなのでしょう。

 

そこで、どうしてもぎこちなさが出るからといって、

あまり、警戒しすぎたり、距離を置いたりすれば、

良い関係を結んでいけるようにはならなさそうです。

 

思いや感情を汲み取る、行為や振る舞いを見るということは、

しっかり相手のことを知ろうとしているのであって、

そういう風にして、しっかりと向き合うようにして、

相手と関わっていくのが、最も良いということになりそうです。

 

どうしても、自分本位になってしまったり、

なかなか素直になれなかったりするもので、

遅かれ早かれ"心の鎧"を脱ぎ捨てるような、

そういうことが求められることもあるでしょう。

 

それは自分と近くなればなるほど直面するような、

状況や相手との向き合い方になる気がします。

 

これは男女関係なく起こり得ることのような気がして、

自分次第でどうにでも対処できるものでもありそうです。

 

それだけに、いろいろと考えるのみならず、

動いていくことも必要だなと思います。

 

おそらく、誰かとの関わりというものは、

自分ひとりでは出会えない出来事や覚えない感情を、

多かれ少なかれもたらしてくれるものですから、

良いことの多くを、しっかりと享受していきましょう☆

 

 

*シェアはこちらから*