自分自身、記憶力はさほど良いようには思いませんが、

多くのことを把握したいという心がけがあるので、

いかにそれを推し進めるのかということに腐心しております。

 

どうにかこうにか、メモをするとか、関連づけるとか、

方法や手段ということでは、いくつも有効なものがあると思います。

 

しかし、時間が経っていたり、関わりが少なかったりすると、

しっかりとは記憶に定着していないと感じることもあります。

 

回数や頻度の問題もありますし、興味・関心があるのかどうか、

どれだけ自分にとって必要なのかというのはあることでしょう。

 

そして、この世の広く深い物事の範囲において、

実際に、知っていてわかっていることと言えば、

まさに氷山の一角ということでしかないわけで、

自分の知識と比べてしまえば暗澹たる気持ちにもなるものです。

 

ただ、すべてを知りようもないし、

わかりようがないということがはっきりとすれば、

次には、どうしたらそれを知り得るのかという、

ある種のコツを知っておきことが大切になってきます。

 

たとえば、ある言葉がわからないような時に、

しっかり覚えて、引き出せているというのが最も良いわけですが、

辞書を引いて該当のものを調べられることもまた大切で、

そこでは、辞書の引き方を覚えている、知っていることで、

問題に対処できているということになります。

 

つまりは、知るためのアクセスの仕方を知っていることで、

地図の見方、インターネットでの検索の仕方など、

同じようにして、情報に行き当たることができます。

 

また、インターネットの膨大な情報の溢れる中において、

物事の真偽を見極められることも同時に必要なのであって、

あくまで、調べるのは手段であって、

何を目的としているか、それは自覚しておいたほうが良いでしょう。

 

自分自身は、日本語話者で英語が話せると良いなというような、

憧れなのか、必要に迫られてなのか、趣味なのかの感覚はありますが、

そこでは、英単語を多く覚えている・知っていることが良いのではなく、

物事の理屈を、英語を用いて表せるかということが大切になってきます。

 

多くの物事を知っているからといって、

薀蓄や講釈を垂れたいわけでもないので、

そういう目的と手段みたいなところの、

境目は分けておくのが良さそうですね☆

 

 

*シェアはこちらから*