先日、Tシャツのデザインでバナナが並んでいるものがあって、

このアイディアは、今まで見たことはないものだなと思い、

手に入れようかと思うほどに、結構強く印象に残りました。

 

そこでは、胸元に四角くあるようにプリントされているので、

少し遠目には、黄色く一面にデザインがあるけれど、

細かくは何があるんだろうと思うようなものです。

 

バナナの持つ、日頃親しんでいる特性(キャラクター)と、

それに伴う黄色の鮮やかさやイメージがあって、

シンプルだけど力強いものに仕上がっていました。

 

これがバナナだから興味深く思うのであって、

近くで見ても、それほど嫌悪するようなものではないですが、

人は、同じ(細かい)ものがひしめきあっているものは、

本能的に、恐怖を覚えるようになっているのがあります。

 

小さな虫が、文字通り"蠢いて"いるようなのでは、

得も言われぬ感情が湧き起こってきてしまいます。

 

ゴキブリ、昆虫、フジツボはそういうものであるので、

できれば、あまりお近づきにならないで済ませたいものです。

 

それはさておいても、いくつか複数あることや、

もっと多くの、たくさんあるような状態というものは、

それ自体、結構迫力をもたらすものです。

 

そして、たくさんあるということの量的なことのみならず、

そこにどういうものが集まっているのかという、

質という観点からも考えることができそうです。

 

同じものを、できるだけ同じように集める場合では、

バナナでは、基本的には黄色いものだけが好ましく、

ここに緑のものが混じっていると、そこが違和感を感じさせますし、

ある意味では、緑のバナナに注目が行ってしまいます。

 

あるいは、黄色だろうが緑だろうがバナナで良いのであれば、

そこでは"バナナであること"が優先されているわけで、

バナナが多いのと、黄色いバナナが多いのでは、

実態として、似て非なることになるわけですね。

 

そんなことを考えていくと、特に取り上げずとも、

同質・異質のどちらが良いということの、

絶対的な判断の基準はなくて、あくまで相対的な、

その時それぞれの価値判断や優先順位によるもので、

そこまで突き詰める必要はないかもしれません。

 

ただ、こだわるがゆえの理由や背景があるのだとしたら、

そこを知っておくというのは、他の場合でも有効かなと思います。

 

それにしても、バナナひとつにしても、

いろいろと発想が広がることに驚く限りです☆

 

 

*シェアはこちらから*