自分で書き連ねたものを、毎度見返すわけではありませんが、

結構、思うことの周期は2週間くらいでやってくるのかなと、

この頃は、少し意識をするようになりました。

 

あとは、その時々の表現の仕方や内容を見れば、

その都度、自分がどういう状態や心境だったのかが、

何となくの本当のところが見え隠れしているものです。

 

わりと抽象的かもしれませんが、何かを表したいとか伝えたい、

具体的に何かを取り上げつつも、内心では異なることを考えている、

そのまま見える見え方と、行間に見え隠れすることでは、

一致したり/しなかったり、いろいろ組み合わせがあります。

 

また、それなりに考え、あれこれと書きつけていると、

どこかのタイミングで、その言葉が誰かに届くことがあって、

何かしら気持ちに働きかけていることがあるものです。

 

自分自身、日々のいろいろな考えや思いを、

忘れないようにしたいのもありますが、

見ている誰かが、これをきっかけにして、

何かを考えたり、思ったりするのであれば、

それはまた嬉しいことではあります。

 

それは、意識のどこかにおいて取り組んでもいるので、

実際に届くというのは、とてもありがたいことなので、

だから、いくつもの言葉を置いていきたいのだなと思います。

 

直接、そういうことを言われればなおさら、

筆が進む(とは今は言わない?)→タイプが進むようにして、

言葉に思いを乗せて、順々に並べていけるものです。

 

画面の表示の仕方や仕様を考慮しているのもありますし、

文字の区切りや表現の言い回しにクセはあると思いますが、

一連の文章の調子やリズムが、少なからずなじむのであれば、

性格だか感覚だかの波長もまた、どこか合うような気がします。

 

結構、言葉で考えないで、感覚に任せるという人もいて、

こういう人にとっては、言葉の有用性すら届かないことがあるので、

さらっとも読みにくいとあれば、目を通すこともないでしょうから、

届く人には届くし、誰にでもいつかは届くのだという思いを胸にして、

日々を過ごしていきたいなと思っています。

 

あとは、もうひたすら積み重ねの領域のことでもあるので、

自分自身がどういう事柄で成り立っているのか、

大きなお城を築き上げることに近いのかなと思って、

レンガを積み重ねるように、毎回をお届けしていきたいです☆

 

 

*シェアはこちらから*