昨日より今日、今日より明日となるように、

より良くなっていこうと思うのが人の常だと思います。

 

加齢による衰え、身体の酷使によるダメージは、

それは場合によってはあるかもしれませんが、

少なくとも、気持ちの面では前進を望むはずです。

 

練習を重ねて試合に臨む、勉強を重ねて試験に臨む、

人生というほど大袈裟にとらえなくても、

日々の積み重ねにおいて、重要な局面というものは、

誰にも何度かは訪れているものでしょう。

 

「ダイエットは明日から」、「明日から本気出す」、

そんな標語のような言い回しがあるものですが、

これはある意味のおどけでもあり、逃げでもあるのかなと、

言う場合には気をつけないといけないなと思います。

 

実際にできるかどうかは別として、やるのは今、

結構、大きいコトをなすような人には、

行動は早く、修正も早いという人がほとんどのような気がします。

 

このあたりの、行動の早さがなぜ良いかということになると、

今回の論旨とは少し離れて行ってしまいそうなので、

そこまで取り上げないでおこうと思いますが、

これもまた大切な姿勢・心構えだなと思います。

 

特に取り上げたいことのひとつ、まさにひとつとしては、

この今という瞬間ごとに何をしているのか、

それが結局のところ重要なのだということです。

 

過ぎたことを思い返すばかり、先のことを憂うばかりで、

流れる時間に身を任せるだけでは、

ただ流されていくだけのような気がします。

 

たとえ、それが連続するものだとしても、

昨日の続きの今日であったとしても、

今日の精一杯があってこそ、

明日に続いていくとも言えそうです。

 

あるいは、精一杯過ごす今日があって、

明日もそんな"今日"を過ごすのであれば、

いつも、目の前のこの瞬間を生きることがあって、

それの連続でしかないのかもしれません。

 

時間の貴重さ、瞬間の輝きのようなことを知れば知るほど、

自分自身の鼓動がトクトクと波打つように、

今、ここにいるということの妙味を感じることでしょう。

 

生きるか死ぬかの剣術の立ち会いにおいて、

「一の太刀」にどれだけ力を込めることができるのか、

そういう局面での"真剣さ"に思いを馳せることが、

こういう感覚を研ぎ澄ますに最も良いのかなと思います。

 

時間は戻らない、そして有限であることに気を引き締め、

日々を充実していきたいものですね☆

 

 

*シェアはこちらから*