世の中、多くものが溢れている一方で、

肝心の欲しいものには巡り会いにくいものだなと、

時々、不思議な気持ちになることがあります。

 

たとえば、ある本が絶版になっていて、

実物(在庫)があっても、内容や数量において、

価値が高まっているから価格も高くなっている、

そうして、なかなか手に入れることが難しいとわかると、

かえって手に入れたくなる気持ちが強まるものです。

 

それなりに時間が経って、人の手も経ていて、

決して新品の状態ではないとしても、

発売当時の定価より高くなっているのを見ると、

価値と価格の関係とはどういうことなのだろうと、

少しばかり深い考察をしたい気持ちが湧いてきます。

 

手に入れたい人にとっては、価格がどれほどであろうとも、

手に入れて、それを楽しむことができる方が優先されるし、

それを受け渡したい人にとっては、これが逆になって、

価値とあいまって価格が高い方が好ましいと思うわけですね。

 

それが、音楽のライブ・コンサートであったり、

ハリウッド俳優と会えるような機会だったり、

その瞬間でしか体験できない、味わえないことであれば、

ある意味、価格に置き換えられないほどの価値を、

わかっている人は感じているということになります。

 

そうなると、無理に釣り上げているのはどうかなと、

思わず眉をひそめてしまうかもしれませんが、

価格は、確かにひとつの指標かもしれないけれど、

物事の価値を推し量るのには有効だなということになります。

 

自分自身振り返ってみても、そういうことのいくつかはあって、

自分にとっては高い価値を感じているものには、

あまり惜しむことなく手に入れていることがありました。

 

それでも、数千円のものが数万円になっているようなことはなく、

それなりの適正な価格や上乗せであったと思っていますが、

わからない人にとっては、わかりにくいことかなとも思います。

 

通常は、定価があればそれよりどれだけお得にできるか、

そういう値下げを期待するものですから、

どこにどうつぎ込むのかは個人の裁量に従うのみです。

 

前述の本にしても、中古で定価より少し高いくらいのもので、

それほどに無理をしないといけないものではありませんが、

欲しい気持ちと手に入れたい気持ちとがかみ合わないことには、

手元に来ても、大切に取り扱わないような気もしてしまいます。

 

そのあたりの価値と価格、自分の気持ちとを見計らいながら、

この行方を見ていきたいなと思う今日この頃です☆

 

 

*シェアはこちらから*