そこに何も予備知識がなければ、

たとえば、ラグビーのスクラムをみたところで、

大勢で組み合って、押し合っているとしか見れないのでは、

そんな危惧を人知れず抱いてしまうものです。

 

興味・関心を持ってもらうのはありがたいけれど、

何も知らないと、どうにも伝えようがないことがあって、

なかなか歯がゆいなと思うことがあります。

 

まずは、自分には何のことかわかるけれども、

他の人にはわかりにくい一例を取り上げてみれば、

ギャラリア、ゴートゥーホスピタル、ラグナロク…、

これがわかるにも、その手前で伝えることが多くあるわけです。

 

これは、相手ばかりに求めるものでもなくて、

自分自身もまったくそれがどういうものかわからない、

想像すらできないような事柄の説明をされても、

そもそもの考えるだけの枠組みがなければ、

その時には、何も思い浮かばないと思います。

 

それでも、コンピューターの言語については、

ほんの初歩がかろうじてわかる程度ですが、

それに関しては、何らかの指示となるコードを打てば、

画面の表示にそのまま反映するということはわかります。

 

しかし、100年前の人にキーボードを打って云々と言っても、

それが南蛮渡来のものなのか、幻術・妖術の類かと、

それで何ができるかとか、何を生み出せるのかとか、

会話が成り立つまで行き着かないわけですね。

 

スポーツであれば、やらなくても良いし、

実際にその場にいなくてテレビで見ても良いのですが、

どのように競技や試合が行われているのか、

何かしら目にする"体験"が必要なわけです。

 

野球を見たことのない、ルールの知らない人に、

その概要であったり、楽しみ方を伝えるに、

「投げられた球を木の棒(バット)で打ち返す」と言われても、

伝わるべきものが伝わっていない気がします。

 

食べ物に関しては、それが顕著で、

いくら素材がどう、味付けがどうと言われても、

実際に口にしてみないことにはどうにもならない、

おいしいかどうかとか、どんな感じなのかの話をするにも、

お互いの前提がそろっていないということがあります。

 

それでも、相手のことを理解したいと思うのなら、

できるだけわかろうとする姿勢が大切ですし、

日頃からいろいろなことに目を向けて、

知らないことも知ろうとするのが大切ですね☆

 

 

*シェアはこちらから*