食事とともに楽しんだり、ワインだけで楽しんだりできる、

ワインの世界は、実に奥深いものだなと思います。

 

ワインの、特にイタリアワインの基本的なところを押さえつつ、

さらに知っていきたい思いを表していきましょう。

 

ワインは、まずは赤か白かというところからはじまり、

味わいも甘口から辛口まで分かれてきます。

 

フランスでは限られた地域で作られているのに対し、

イタリアでは、全20州で作られているしし、

しかも、原材料のブドウの品種にしても、

実に多種多様で、500種類以上を数えるそうです。

 

また、ワイン法によって格付けがなされていますが、

必ずしも格が高いからといって、価格が高いわけでもなく、

そのワインがどのようなものか知っていることが、

価値を見分けることができるわけですね。

 

熟成したり、保存したりするのに樽(大樽・小樽)を用いる、

あるいは、ステンレスを用いるなどによって、

酸味の出具合が変わる、樽の香りもつくなど、

目的と用途によって使い分けられています。

 

ワイングラスの形状も味わうには大切で、

それはなぜかというと、香りもともに味わうためです。

 

ほとんどは無色透明のグラスになりますが、

グラスを回して、香りを楽しみつつ、

その色味や回してわかる粘性も見ながら、

苦味や余韻を楽しむことができます。

 

あとは、長く熟成しているような年代物もあるし、

生産者や技法など、歴史からもたどっていくことで、

知識の深まりや広がりがまた、味わいに奥行きをもたらします。

 

味わいも知識も、知れば知るほど楽しくなってきますし、

こういうことをあらゆる角度からも知りつつも、

何より、レストランやバーに行くことを通じて、

ワインとともに誰かと特別な時間を過ごすことが、

生活や人生をより豊かにするわけですね。

 

そこでは無論、ひとりでも構いませんが、

食前酒はどうする?料理に合わせてはどうする?など、

一定のルールやセオリー、マナーはあるものの、

そこで、趣向を凝らすというのも乙なものです。

 

場合によっては、ソムリエやサーバーの人がいるので、

その方とのやり取りによってどう発想するのか?

そこでも、腕が問われるわけではないですが、

少し試されるようなこともあるかもしれません。

 

ステキなところで、ステキな人と過ごす、

この最も大切な極意もあるわけですが、

それはここで明かさないことにしておきます☆

 

 

*シェアはこちらから*