巷間に流布されている言説や説明など、

場合によっては、手垢がついているだなんて、

そう思うことがあるかもしれませんが、

それはマンネリとかワンパターンとかではなくて、

ひとつの真理であるのだなと思うことが多くなりました。

 

太陽が東から昇って、西に沈むような、

コーラを飲めばゲップが出るのと同じような、

そういう確実なことって、たくさんあると思います。

 

たとえば、人生に関わるような格言とか、

仕事に関わるような教訓とか、どんな人や業種であっても、

結局は、似たようなところに落ち着くような気がします。

 

これもまた、多く言われていることでもありますが、

知っているけれど、しっかりわかってできるまでの間には、

思っている以上に隔たりがあるのだなと感じます。

 

それがあるから、偉大な人物とか偉大な経営者とかの、

エピソードやメッセージが、今でも通用しているし、

知っているけれど、それだけになっている人が、

相当に多くいるのだなということなのでしょう。

 

何より、自分自身がわかってできることを体現したいので、

それだけに切実にと感じているというのはあります。

 

また、文学でも音楽でも、代表作の名前を聞いたり、

実際に、読むなり聴くなりしているかもしれません。

 

それでも、名前だけを見知っているだけで、

中身まではチェックしていなことも多々あるでしょう。

 

あとは、作品の数が多ければ多いほど多様な面があるもので、

作風の一定の傾向はあるかもしれないけれど、

複数チェックしてみると、異なる印象を受けるかもしれません。

 

温故知新という言葉すら、使い古されているとしても、

これはもう、前述のように当然のこととして、

歴史の積み重ねから得るところはあるものです。

 

新しいものは、それだけで新鮮でしょうが、

過去にさかのぼってみても、新たな発見はあるでしょうし、

それを組み合わせていけば、限りはなくなりそうです。

 

これはまた、人と接するのも同じかもしれず、

新たな出会いを重ねていくのも楽しいものですが、

すでに知り合っている方の、別の一面であったり、

意外な一面であったりを知るのも楽しいものですね。

 

そう考えていくと、知っているようでも知らないことは多いもの、

知っていることよりも知らないことの方が、世の中大半ですから、

多く知ることを忘れずに、やっていきたいと思います☆

 

*シェアはこちらから*