昼時に、ラーメン屋なんかの前を通ると、

わりと長い行列をつくっていることがありますが、

席について食べるまでに、どれくらいの時間がかかるのか、

自分は並ばないまでも、思案することがあります。

 

あるいは、何に並んでいるのかはわからないけれど、

人が多く集って、ワイワイしている様子を見ると、

先に進んで、それの正体を突き詰めたくなるものです。

 

行列の長さは、期待値に比例すると耳にしたことがありますが、

時間がかかろうとも、そこに価値を感じているのなら、

長いこと待つことに対しても、ほとんど厭わないというのです。

 

確かに、銀座の宝くじ売り場の1番窓口に並ぶのを見ても、

小1時間くらいは待とうとも、それが「当たり」につながるのなら、

待つのくらいは、全然苦労でも何でもないという心理なのでしょう。

 

ラーメン屋にしても、コンサートのグッズ売り場にしても、

そこに行き着いた時に、得られるものの満足度の大きさがあれば、

並ぶことすら楽しい時間ともなるのかもしれません。

 

そして、そういうものを受けるのみならず、

提供する側として、それだけの価値を生み出せるのなら、

やりがいを感じて、より良さを求めるようになるでしょう。

 

並んで待ってでも、そうしたいというのは、

ありがたさと同時に責任をも感じるものです。

 

少し余談になりますが、こういう行列に並んでいて、

それが意中の異性で、まさしくデートであるような場合に、

この待つ時間が、相手にとって楽しい時間となるのかどうか、

話題や内容の豊富さによって、良い時間となるのか、

それはかなり、こちらが試される状況と言えるでしょう。

 

または、仲の良いと思っている相手と並んでいて、

ずっと話が続くほどに打ち解けられているのか、

これもまた、ひとつのポイントであると言えるでしょう。

 

しかし、根底のところで気持ちが通じていれば、

黙っている時間も別に気まずくはならないし、

お互いを慮っていることがわかれば、

それも居心地の良い時間や雰囲気が流れているはずです。

 

自分は、果たしてどちらの側かなとも思いますが、

基本は話さなくても良いかなと思いつつ、

何に由来するかのサービス精神によって、

できるだけ会話を続くようにするかなと思います。

 

そこでは、自分ばかりが話すのではなく、

キャッチボールとして会話が弾むようにしたいし、

それができるのが、思いやりにつながるのかなとも思います。

 

あとは、そういう並ぶ状況に異性がいれば嬉しい限りです☆

 

 

*シェアはこちらから*