最近、感動していることのひとつに、

「自転車理論」というものがあって、

別段、この理論自体が涙を誘うものでもないのですが、

ある役者の劇的な実体験を通じて語られた時に、

非常に説得力を持って迫ってくるのだと思いました。

 

まずは、この理論を簡単に紹介すると、

大きな目標に向かうことで考えるとわかりやすいのですが、

役者を目指して上京して、演技の勉強をしたり、

オーディションを受けたりしている一方で、

どうしても生活のために別の仕事をするとか、

目移りして他のことをやってしまいがち、

そうなると、目標になかなか近づけないわけです。

 

それでも、近づけないからといって遠ざかるのではなく、

たとえ大きな舞台やトレンディドラマに出れずとも、

小劇場でも自主製作の映画でも、どこでも良いから、

少ない出番や報酬であっても演技をやっておくべし、

何よりその界隈に関わっておくことが必要なのだと、

それを熱心に説いているわけです。

 

それを自転車になぞらえることになるのですが、

上等な自転車に乗れなくて、ガタガタの自転車だからといって、

決してそこで降りるようなことはしないで、

それでもどうにか乗り続けることが大切だということで、

やがては陽の目を浴びることもあるだろうというのが、

この理論の骨子ということになります。

 

「継続は力なり」にも似た感じかなとも思いますが、

こちらは"同じこと"を、長く続けることが大切だと、

そちらに重きを置いているような気がしますが、

 

「自転車理論」の方が、どんな状況にあっても、

とにかく続けることの大切さを説いているように思います。

 

また、日頃乗り続けているからこそ、

乗りこなしも上手になっているわけですね。

 

また、これは普段の生活における習慣にもあてはまり、

小さなことでも良いから、実際の行動に移したり、

そのような行動を続けることが無理なくできたりと、

とにかく何かをすることへの抵抗は少なくなることでしょう。

 

そういう状況に身を置くことが自然となれば、

取り組むことの、内容や規模の大小に関わらず、

ひとまずはじめるのは早くできそうで、

そうすれば改善とか促進とかもスムーズにできるので、

何を取り上げても、良いことの方が多いかなと思います。

 

とにかく諦めきれない何かがあるのなら、

文字通り、諦めないことが大切だなと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*