たとえば、普段から通り慣れた道だとしても、

地図の上での見え方と進み方を比べてみると、

頭で思い描いているのと異なることがあって、

不思議な印象を受けることがあります。

 

わかりやすく直角に右左折でもすれば、

どちらの方向に向かっているかもわかりやすいものですが、

真っ直ぐ進んでいるようでも、道が曲がっていたり、

道が真っ直ぐでも、平行でなければ行く方向が変わったりします。

 

道なりに行っているのに、行き着く先が変わりそうで、

錯覚を引き起こしそうなことのひとつだなと思います。

 

知らず知らず、思っているのと異なる方向や方角に、

導かれているのだとしたら、少し恐怖を覚えてしまいそうです。

 

気がついたら、元の場所までひと巡りなんてこともありそうで、

不思議なことこの上ないなと思うわけです。

 

認識と実際の差異とでも言うのでしょうか、

空手の打撃においても、押しよりも引きが大切なように、

知っているからわかるというようなことは、

思っている以上に多いのかもしれません。

 

壁の突起に手足をかけて登るボルダリングでも、

あれは、筋力というよりかはバランス重視のようなこともあります。

 

他には、メガネをかけている人にもあるかなと思いますが、

軽い近視の人とか、目は特に悪いわけでもない人が、

メガネをかけていて、しかも、その印象が強いパターン、

メガネをかけていないから、目は良さそうな人が、

実際はコンタクトレンズで、近視の度合いも強いみたいな、

見た目も実際が異なっていることもあります。

 

何を見てどう思うかは、個人それぞれの勝手でなことですし、

そこで想像力豊かに繰り広げるのも興味深いところですが、

その裏側というか、表向きにどう見えているかとは異なる、

そういう面も事実あるのだということに想像が及ぶのか、

このあたりを巧みに切り替えながら物事をみることができるかが、

そのひとりひとりの資質にも関わってくるような気がします。

 

結構、体力的にハードな仕事をしている人がいて、

腰への負担が大きいのかなと思いきや、

実際には首への負担が大きいということがあって、

最近、そういう視点や発想で見ることが多くなっている、

それは背景としてあるのかなと思います。

 

飛行機も、追い風というよりかは向かい風によって、

機体が空に浮かび上がるものですから、

そこでもロマンがあるのだなと思いを馳せています☆

 

 

*シェアはこちらから*