悩むというのと考えるのは異なるものですが、

深く考えていくうちに、妙な深みにはまっている、

最近はそんな心地がずっと続いているような気がします。

 

それこそ、日頃取り組んでいることは何なのか、

仕事における目的や成果を求めてもいるわけですが、

何のためにかというのを見極めておく必要があります。

 

しかし、今のここから目指していくということは、

今の手前のところで、その萌芽とでもいうような、

小さくとも何かしら理想がかなっていることが、

前提として少なからずあるのかとも思いますが、

実際はそうではない、そこでの歯がゆさを思うものです。

 

ぐるぐると考えていると、袋小路に押し込まれていくようにして、

やがては行き詰まる、それもにわかに感じてしまいました。

 

なぜここにいて、なぜこれをしているのだろう?と。

 

そして、これを突き詰めると、なぜ生きているのかという、

生まれてからのこれまでを振り返ることにもつながったり、

これからをどう生きていくかを考えたりすることになります。

 

こればかりは、誰かに相談してどうこうということでもないし、

何か気晴らしになるようなことをして、考えから気を逸らしても、

遅かれ早かれ、また直面することのように思います。

 

どこに答えがあるかもわかりませんが、

今はその答えを探して、日々葛藤している、

それが表現としては適切なのかなと思います。

 

それでも、じっとしているだけでは何も起こらないので、

人のすること、話すことを知るようにしているのは、

確かな、ひとつの有効な手立てかなとと思います。

 

詭弁でも曲解でも、物事を良いように見ることができれば、

ひとまずは、今の状態を打破できることでしょう。

 

決して心は荒れてはいないと思うわけですが、

荒れていないことに気がついていないだけかもしれない、

それは似て非なることですから、見極めは必要です。

 

前向きなのかどうなのかは定かではないものの、

時には立ち止まって、風の向きを知るようにして、

今後の行き先を決めるのも良いかもしれません。

 

基本的には、考え方のパラダイムシフトを行うのか、

おそらくそういうタイミングなのだろうと思います。

 

今がどういう状態なのか、恥じることなく書き出して、

それを整理整頓することで、光明も見えてきそうです。

 

いつの時も、いろいろ思うものですね☆

 

 

*シェアはこちらから*