滋養を蓄え、栄養の偏りのないように、

普段の食事には気を使いたいという、そんな話です。

 

空腹を満たすだけ、何かを食べて満足したいだけ、

そういう食べ方もあって良いものだと思います。

 

夏場にあっては、どうしても食欲が減退して、

そうめんでサラッと済ましてしまうこともあるかもしれません。

 

まだ、冷やし中華の方がバランスは良いかもしれません。

 

特に、食の分野に専門的に従事していなくても、

食べること自体は、誰にとっても共通しているので、

基本的な知識は身につけておいた方が良い気がします。

 

炭水化物、たんぱく質、脂質に加えて、ビタミンとミネラル、

このあたりの大枠を知っているだけでも結構大きいかと思います。

 

あとは、カロリー表示を見ながら、その内訳を見る、

そういう習慣も持ち合わせていると、かなり有効でしょう。

 

食べるはインプット、それによってどうなるかがアウトプット、

ヒトの細胞は約3ヶ月でそっくり入れ替わると言いますから、

今の自分の体は3ヶ月前に食べたものでできているわけですね。

 

それは少し長いスパンでのとらえ方ですが、

日ごと食べる感覚としても、持ち合わせておくと良いと思います。

 

余談ですが、極端に辛いとか冷たいというものを食べれば、

かなり即時的に、遅くとも翌日には下腹部への影響が出てくるものです。

 

または、極端に多く食べれば苦しいとなりますし、

脳や身体の働き、軽やかさにも如実に影響が出てきます。

 

そうでなくても、疲れた時にチョコレートをひとかけら、

あるいは、おにぎりを頬張れば元気が出てくる気がしますし、

実際にも、早くエネルギーになって身体に巡るものです。

 

少しでも詳しいところに踏み込んでいけば、

一日に摂取するべき内容も総量もありますが、

ただ、毎日必要な分を必要なだけ取り込んでいくには、

相当に大変なことのような気がします。

 

それでも、毎朝同じ内容で朝ごはんを食べている人がいて、

昼や日中も含めて、栄養のバランスを徹底的に整えていて、

それが10年以上の長きにわたって続けている人がいます。

 

最近感銘を受けているひとつのことなので、

以前も、ここかどこかで取り上げたかもしれませんが、

これができているのは、単にストイックだということだけでなく、

それをすることで、体調も崩れないことをその人は知っているし、

仕事においても、高いパフォーマンスを発揮できていることを、

はっきりと身をもって知っているからだろうと思います。

 

少しでも良いので、普段の生活に栄養とともに習慣として、

しっかり取り込んでいきたいところですね☆

 

 

*シェアはこちらから*