個人的には、大規模な花火大会をあまり好まないせいか、

それは、人の多いことが得意でないことによるのか、

夏の風物詩を、ひとつ取り上げ損ねるところでした。

 

以前、別の用事で浅草に行った日がちょうどその日で、

身動きが取れなかったという記憶が、今も鮮やかに残っています。

 

今年も、浴衣姿で河原なのか、会場付近に行ったり、

あるいは、少し遠くても見えるところに集まったりして、

花火の夜空に咲くのを楽しんだ方も多いことでしょう。

 

会場整理をする警察、軒を連ねる屋台など、

夕方になって、少しずつ日が暮れていきながら、

いつもと異なる感じで、時間が近づいていく様子は、

これから起こることへの期待も高まってくるものです。

 

花火の表現の多様さや、技術の精巧さは、

日本の誇るべき文化であり、高い技術だなと思います。

 

その意味では、花火職人の特集をしている方が、

どちらかというと、興味を持つのはあるかもしれません。

 

また、打ち上げ花火の迫力のある様子も良いですが、

手元でやる線香花火の、チリチリと弾ける様子の方が、

風情をより一層感じるような気がします。

 

"はかない"と言えばそれだけの、終わってしまえばそれだけの…、

少し感傷的な気持ちになるのを好むのがあるかもしれません。

 

これは、線香花火に限った話ではなくて、

その渦中にいる時には、最初から余韻に浸るようなことはなく、

振り返ってみてわかるということが多々あります。

 

後悔とも反省とも異なる、感傷的な気持ちになることで、

翻っては、今の今にどれだけ熱中していけるのか、

それが結局のところ、大切なことのように思いますし、

そのための仕掛けとしても考えているのかもしれません。

 

懐かしいと思いながら、その時なりの精一杯があって、

何かしら直面する状況や課題に挑んでいたことがあると思います。

 

あの時の精一杯に恥じないように、今はまた別の精一杯で、

前に進んでいこうという気持ちもあるものですから、

行きつ戻りつ、それでも前を向くことを忘れてはなりません。

 

終わってしまえば、すべては無に帰すだけなのだとしても、

記憶やその時の気持ちは、鮮明に覚えていることのように思います。

 

そうして、自分なりの歩みが続いていくことが、

今後も長く続いていくための足がかりにもなっていきそうです。

 

映画のエンドロールも、本編の作品があってこそ、

そういうことの順番を取り間違えないようにしたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*