現代の、日本を代表するような企業の伝記に触れると、

戦後の復興や、経済の隆盛を経て、どう今に至るのか、

多くのドラマを感じ取ることができます。

 

他の中小企業でも、世界の名だたる企業にしても同様で、

"ローマは一日にして成らず"を経ているのだなと思います。

 

戦後からの、その時代・時期ごともそうですし、

最近のベンチャーでも名前が出るような、

多くの創業者の話にこもる熱量は、

計り知れないほどに高いものがあります。

 

起業にいたるキッカケもそうですし、軌道に乗せるまで、

軌道に乗ってからも次の大きな目標を追い続けと、

息をする暇さえないくらいに、熱いものがあります。

 

それが、熱さとともに厚さにもつながることで、

その積み重ねが、他の人の胸を打つものにもなるのでしょう。

 

何事もそうですが、何もないところから思いひとつで立ち上がり、

それをカタチにするまでが、最初にして最大の困難なのかもしれません。

 

鯉が滝を駆け上り龍となる「登竜門」という言葉が示すように、

その険しさはまた、想像をはるかに越えるものかもしれません。

 

ただ、ベンチャー精神は、起業するだけに留まるものでもなく、

思いのある、誰もが持ち得て良いものだとも思うので、

そういう気概があるというのは、それ自体尊いものだなと思います。

 

自分ができることややりたいことで名を成したい、

あるいはまた他の、何かしらの行動につながる動機があるもので、

最初は、いたってシンプルなことのように思います。

 

それがない限りは、何も起こらないので大切なのですが、

時代や時期ごとに、取り巻く社会の情勢や経済の動向があって、

その意味では、変わり続ける激動の流れがあるものです。

 

それに対して、自分たちのすることがどのような意味を持って、

そして、どのような影響を及ぼしていくかに考えは推移するもので、

社会的な立ち位置というものに、次第に自覚していくのだと思います。

 

そうして、社会の抱える問題や課題を解決していくことによって、

企業として、個人として価値が高まっていくのでしょう。

 

そうして、社会全体が良い方向に向かっていくのであれば良いし、

その繰り返しが続いていくこともまた望ましいことではあります。

 

自分自身も、その末席であろうとも名を連ねるようにして、

世のため人のためとなれるよう、励んでいきたいところです☆

 

 

*シェアはこちらから*