本でも映画でも、音楽レコード・CDでも、

数え切れない、膨大な数が世に出ていますが、

誰かにそのうちの"ひとつ"をお勧めするような時、

果たして、"ひとつ"に絞りきれるかどうかの懸念があります。

 

最旬での話題になっているかどうか、自分が面白いと思うかどうか、

それもまた、確かな選び方のひとつでしょうが、

入れ込んでいたらそれだけの年数や積み重ねがあるのであって、

その時期ごとや、テーマによってのものがあって、

結構、頭をひねらないとできないことのように思います。

 

また、自分にとっては非常に有益ではあったけれど、

その相手にとってはどうなのかという、

タイミングをも合わせた視点も必要かもしれません。

 

そのようにして、少し考えてみるだけでも、

条件と言っては、小難しくなってしまいますが、

いろいろなことを考えながらやる必要はあるので、

その意味では、取り組みがいのある問いかけのような気がします。

 

「もしも無人島に持っていくとしたら…」にも似ているし、

「これまでに影響を受けた…」のような場合もあるでしょう。

 

そして、どうしても"ひとつ"に絞りきれないようでしたら、

上位5つを挙げてみると、網羅できる範囲が広がるので、

それで、自分の人となりや考えたり好んだりする傾向みたいなものは、

それらを通じて、伝わることが多くなりそうです。

 

それでも、気分によってだったり、置かれた状況だったり、

その時ごとのテンションに影響を受けることもあるでしょうから、

その時点ではそうであると、余白を少し持っておくと良いでしょうね。

 

これまでを振り返って、そこで選ぶも良し、

これから出会うものに思いを馳せるも良し、

順次、目の前にするものを堪能すると同時に、

究極の"ひとつ"を追い求めるのも良いかもしれません。

 

そうして、またたくさんのものに触れていくうちに、

結局のところは、あれも良い、また別のも良いとなって、

余計に、候補が多くなることもあるでしょう。

 

それはそれで何とかするとして、

より多くのものに触れるというのは、

自分自身の、人としての厚みや幅になるので、

目的と結果の異なる、嬉しい誤算ともなる気がします。

 

そうして、数え切れない、膨大な数の中に飛び込んでいれば、

自然と得意や好みも、傾向としてつかめてくるし、

苦手なところも、塗りつぶしていけるようになるかもしれません。

 

当初は、誰かにお勧めしようとしてはじめたことが、

意外に、自分のことがわかるきっかけになるのが興味深いところです☆

 

 

*シェアはこちらから*