難解なことを難解に表していくのは、

ある意味では容易なことのように思いますが、

難解なことを、平易に表していくというのは、

もう少し、難易度が高いことのような気がします。

 

意味ある言葉を、適切に置いていくというのも、

高次での技術なので、会得すべきところではあります。

 

ただ、閑話休題、無駄な話はさておいてというばかりか、

ひたすら、そういうもので埋め尽くすとどうなるものか、

相当に、意欲的なものになるか、つまらないものになるか、

極端なことになりそうですし、それくらいが興味深くも思います。

 

現実に則した、真面目な話はもちろん大切なことですが、

そうでないところの話、雑談とか四方山話とか、

あらゆる方面での話ができるというのが良いかもしれません。

 

そういう、息抜きのようなところでニヤニヤできる相手がいれば、

そうして話す相手の、いろいろな面が見えてくるでしょうし、

お互いを知る上でも、とても楽しいことだなと思います。

 

日頃、あれこれ見聞きして、考えてみてとしていると、

こうして言葉や文字として残せるのは、果たしてどれくらいか、

多くのインプットに対して、どれだけアウトプットできるのか、

それもできる限りのことをやっていきたい思いもあります。

 

また、報告とか連絡とか相談とか(ホウレンソウ!)になる前の、

どちらかというと言葉になる前の抱えている気持ちや考え、

こういうものに輪郭を与える上でも、言葉に出して、

まとまりはしていないけれど、今はそうであるというのを、

言外にではなく、発声して伝えるのも有効な手立てかもしれませんね。

 

音楽の、歌詞を書く作業をする際に、

メロディーに対して、何らかの言葉を乗せる「仮歌」がありますが、

日本語とも英語ともならないような未分化な、

言葉でムニャムニャ〜ラララ〜とすることをやる人がいます。

 

メロディーだけ、言葉だけで成り立つ表現もありますが、

両者が重なるからでできる表現もあって、

この場合では、メロディーの情感によって、

言葉が、次第に意味を成していくと考えられそうです。

 

先に声を発する、それが言葉となるという順で、

このあたりを追求していくと"メタ認知"みたいな、

なかなかわかりにくい領域に足を突っ込みそうなので、

そうはならず、平易に伝わる伝わり方を模索していきたいものです。

 

総じて、上手に言葉にできないことがあるとしても、

紙の上でペンを走らせるように、まずは言ってみる、

それから、しかるべきところに落ち着くのはありそうですね☆

 

 

*シェアはこちらから*