待ち合わせの時間は守るものとして、

時間のまさにちょうどに来る人もいれば、

少し早めの、5分くらい前には来ている人もいて、

人によっての感覚は異なるものです。

 

自分自身の場合ではどうなのかを考えてみれば、

こちらが先に着いて、待つ分には構わないけれど、

相手を待たせるのは申し訳ないという気になります。

 

電車や交通機関が、諸々の理由で遅延することもあれば、

大雪・大雨のような、天候の影響を直に受けることもあるでしょうが、

個人として、こういうのは日頃の心がけ次第なので、

遅れることが多いようでは、信用も損ねてしまいそうです。

 

止むを得ず、不慮の事態に巻き込まれてしまうならば、

先んじて相手に伝える、それがせめてもの誠意でしょう。

 

こういうところに、その人がどう考えているかが、

如実に出てくるので、今一度見直しておきたいところです。

 

そこで、時計をあらかじめ早めておくというのは、

感覚的にも、有効な手立てのひとつかもしれません。

 

それとは別に、神社のおみくじを引いてみれば、

「待ち人来ず」のような文言があって、

そう簡単に来ないのが、定番なのかなとも思ってしまいます。

 

だいたい、都合良く現れるものかとも思いますが、

この「待ち人」はどんな人のことを指すのかと言えば、

"あなたの運命を、良い方向に導く人"ということで、

必ずしも、異性の心惹かれる人であるわけではないのです。

 

それはまた、幸運とも思えるような出会いであって、

容易には出会えないだけに、"ありがたい"のでしょう。

 

あとは、待っているだけでは、誰がそうなのかもわからないので、

自分においては、一体どのような人がそうなのか、

より鮮明なイメージを抱いていることが求められそうです。

 

そういう意味では、出会いの場面の多さもあるかもしれませんが、

こちらから働きかける、積極的に求めることも、

出会う出会いやすさを、グッと手近にするのかもしれません。

 

また、これはたったひとりに限るようなものでもないので、

いくつかのポイントごとに、そういう人を思い浮かべるのが、

より楽しくなっていくような気もします。

 

お天道さまが、どこかで見ているとすれば、

結局、日頃の行いが品行方正であればあるほど、

この「待ち人」が現れてくるのかもしれませんね。

 

もし、胸に手を当てて、振り返ってみて、

反省すべきところが見受けられるようでしたら、

今の今から、直していけば良いわけですね☆

 

 

*シェアはこちらから*