「学びと扉」という、一見関係があるようでないような、

しかし、根底のところでつながる発想があって、

比喩としても、個人的にかなり気に入っているので、

こういったところで頻出することのひとつだと思いますが、

普段、会話の俎上に出ることはないものでもあります。

 

結構、自分からは何も提供せずに、

"欲しい、欲しい"という思いが強い人が多いもので、

自分も、気をつけなければいけないところですが、

ただ、それを待っているだけでは何も訪れず、

そうして、何も訪れないということは、

何も得ることはないということになります。

 

どちらかというと、自分から率先して動いて、

扉を押して、向こうに開いていくようなイメージか、

ノックをして訪いを立てて、開いてもらうようなイメージか、

いずれにせよ、何もしないとはじまらないわけです。

 

「求めよ、さらば与えられん」とも言うように、

具体的に何を欲しているだとか、知りたいだとかを、

手前で把握して、それを言葉なり表現なりに出す、

そうしないと、相手も何を望んでいるのかを、

わかりようがないのは、当然のことかと思います。

 

それで、どのように呼応するのか、

判断は相手に任せることになりますが、

せめてものことをして、結果を待つしかありません。

 

しかし、その思いや熱意が伝わるのなら、

次のチャンスというような、段階へと導かれるでしょうし、

そして、さらに続くということもありそうです。

 

そのようにして、扉を一枚ずつ開いていくにせよ、

わからないなりに前に進むことにせよ、

一抹の不安や心配がつきまといはしますが、

それよりも、この先がどうなるものか、

心躍らせる方が、どこに行き着くのか、

結果としては同じでも、受け止め方は異なりそうです。

 

そして、多くの場合では、思いも寄らなかったことが、

思いも寄らなかった以上になっているような気がして、

「運が良い」ということにもつながる気がします。

 

何はともあれ、わからないことがある場合もそうですし、

教えてもらいたいことがある場合も同様に、

素直に教えを乞う、この姿勢があるかないかで、

その後の展開にも大きな差が出てくることでしょう。

 

チャンスはひたすら待っていても訪れやしない、

自分の目の前にある扉、開いていくことをお勧めしますし、

自分自身もどんどんやっていきたいと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*