性格的なところが大きいのかもしれませんが、

どんなことでも"そろっている"のは、

個人的にかなり興味を持つポイントではあります。

 

実際には、全部そろっている状態は少ないもの、

色鉛筆にしても、使う頻度の高い色は限られますし、

何かをコレクションしようと思ってみても、

同じものが重なったり、途中で頓挫したりするものです。

 

それのあるせいか、あるいは差し置いたとしても、

ピシッと整っていて、並んでいる様子は、

見ていても気持ちが良くなるもので、

背筋がしっかり伸びるような感じにもなります。

 

何らかの行進とか、あるいは、二人三脚のような、

息を合わせてひとつの行動をすることに、

もしかしたら憧れているのかもしれませんし、

そうでなくても、そこに感動するのは確かなところです。

 

普段は、ひとりひとりが異なる方向を向いていますし、

呼吸を合わせるということも、なかなか機会がないもので、

それがあるから、人間やってやれないことはないのだなと、

そういう場面を多く見たいし、体験もしていきたいものです。

 

そういうものを、あらかたひっくるめて、

規律は何かと考えていくと、規則とも異なるので、

別段、守らなければいけないというものでもなく、

しかし、自分なりのものはあっても良いかもしれません。

 

一定の、礼儀や人付き合いのところで、

お互いに快適に過ごすための配慮や注意は必要ですが、

そのように、次第にカタチになっていくのかなと思います。

 

先に規律や規則を重んじてしまうと、

強制力が出てくるようにもなるので、

その前後を見誤らないようにしていきたいものです。

 

ただこういうのは、そういう心がけをしているから、

普段の身だしなみや振る舞いにも出ていると思って、

細部にも気を配れるようになるのが好ましく思います。

 

シャツにアイロンをあてるようなことにおいても、

あてた方が良いけれど、あてること自体が良いのでなく、

しっかりあてようとする気持ちが、もっと良いのだと思います。

 

慣れとか、気の緩みとか、時期や季節での影響もありつつ、

できるだけのことを、どこにおいてもやっていくのが良くて、

まさに、日頃の心がけが大切だなと思います。

 

言葉でもてあそんで、どうこうという話でないので、

"そろっている"のが好ましいのであれば、

自分もそういう雰囲気を醸し出すようにする、

ただ、それのみにおいて、意識を傾けていくだけです☆

 

 

*シェアはこちらから*