出会いと別れは、誰にも訪れているものですが、

別れがあるくらいなら、最初から出会わなければ…、

極論を言ってしまえば、自分の中にそういう思いが、

ふと浮かんできてしまうことは否めません。

 

悲嘆に暮れることのないように努めますが、

少し膝を抱えて、静かにたたずむようにしてみるのも、

普段の快活な状態と対比してみるのも良さそうです。

 

近頃に限らず、自分がどういう歩みをしてきたのか、

振り返る機会は結構多いように思うのですが、

それも、今後どうしていきたいかの手がかりを得るため、

あの時はこうだったなと、自分自身を事例としているのはあります。

 

何に向かっていたとか、何かに熱中していたとか、

必ず、その時期ごとの自分の置かれた状態と気持ちがあって、

それが記憶というものに結びついている感覚があります。

 

時間が経っているから客観的に思えるものですし、

紆余曲折として進んでいる歩みにおいて、

どういう位置付けなのかもも、前後と比較することもできます。

 

まさに、その時々に出会って、巡り合っている人があって、

一時は近く感じたけれど、今は遠くにしか感じない人もいると、

何だか、時間だけなく物理的にも離れてしまったなと、

今の立ち位置を、足元を見るようにして首を前に倒してしまいます。

 

"知り合うタイミングがそこでなかったら"、

歴史に「もしも」はないし、今さらどうしようもないわけですが、

そういうことを思えば、その時のリアルでしかなかったのだと思います。

 

直接なのか、間接なのかは、まさにその時々ですが、

それでも、あの時に出会っていたから今はそう思う、

そう思えるだけの「事柄」があることを思えば、

それ自体が、気持ちの支えや糧ともなり得るので、

決して悲しいばかりではない気がします。

 

当事者としては辛いと思うこともあるでしょう、

それでも、良かったと思えることも多いでしょうから、

涙に明け暮れるばかりでなく、ここから前に進むための、

確かな心の支えとして、地に足を着けていきたいものです。

 

毎年、「あの人がここにいれば今年は何歳か」と、

生きていればどうだったのかと偲ぶ人がいるものですが、

またここから、新たにか再びにかの出会いや巡り会いはありますから、

そのためにも心をここに置いて、歩みを続けていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*