だいたい、物事の多くと対峙する時に、

自分の意のままになることは、多くはないものです。

 

特に、対人関係によるところになりそうですが、

同じ言語を話し、近い地域で暮らしていても、

ひとりひとりの感覚には、差異があるものだなと、

驚くというよりかは、しみじみと思うものです。

 

こちらの投げかけた言葉も届ききらない感じがしたり、

相手の言っていることが、どこか上滑りして聞こえたり、

会話による共鳴が、起こらないことがあるものだなと、

そういうことを強く思う機会が、実際にありました。

 

もしかしたら、共鳴できる人は案外少ないものなのか、

自分自身が、奇抜でないけれど独自の傾向があって、

それは重々わかるけれど、それにしてもどんなものかと、

首を傾げてしまうようなことだけに、余計そう思うのです。

 

自分自身のことを語らずに、相手のことにも耳を傾けない、

それでは、相互理解というコミュニケーションが図れるわけもなく、

それで良いと思っていること自体、危惧を覚える必要があるでしょう。

 

しかし、それをこちらから指摘することもないし、

おそらく、指摘をしても聞き届けはしないだろう、

そういう人は、これまでも改善する機会が提供されなかったのか、

絶好の機会を逃してきているというのは一理ありそうです。

 

なかなか指摘されるのは、こちらの素直さが試されるもので、

耳が痛むこともあるし、ほとんどがそうなのかもしれませんが、

指摘をしてくれる人の、親切な心をしかと斟酌して、

ありがたく、耳を傾けるのが大切なことになります。

 

これ、かなり自戒を込めています。

 

また、何にも動じない堂々とした感じと異なって、

自分の改善の余地に対し、何も感じないというのは罪な話で、

他のあらゆることに対してもそうなのかと勘ぐってしまいます。

 

薩摩の西郷隆盛のように、弱く打てばそれなりの、

強く打てばそれなりの響き方…、自分自身が最初にならなくても、

せめて打たれたら、それに見合うだけ響こうという心がけはあります。

 

また、相互に打ち合うようにして、共鳴していくうちに、

その共鳴が大きくなれば、周囲の人への波及も考えられるし、

そういう響くだけの状況は備えておきたい気持ちはあります。

 

そんな、十全に共鳴し合えるような人は一体誰なのか、

それを思って、日々の出会いを重ねていきたい今日この頃です☆

 

 

*シェアはこちらから*