自分の中の変革として、自己変革はやる,

いくらばかりかの向上心と好奇心を持ち合わせ、

絶えず良くなっていこうと心がけることが大切です。

 

個人において、大きなキッカケやタイミングで、

それは些細なものだとしても思い立つことはあって、

そこを境に、前後の意識の仕方、行動の出方に差が出てきます。

 

自分が変われば、周囲の様子も変わっていきますし、

周囲が変われば、もっと大きな影響を及ぼしていきます。

 

多くの、時代の節目や変わり目を見ていくに、

決定的な出来事が、そこにはあるものですが、

それは、誰かの声かけや働きかけが最初にあって、

それで大きな"うねり"を生み出しているのだと思います。

 

確かに、最初はひとりかもしれない、

最初は、たったひとりかもしれないけれど、

静かな、それでいて内に秘めた強さのある渦を放てば、

ひとりひとりとまた集い、大きな渦となり得るのです。

 

そもそも、今の状態が長く続くような錯覚をしがちですが、

今の時点でも、これからにしても、先行きは不明ばかりなもので、

そうであるなら、大なり小なりを自分自身に変化をつけるようにして、

これからの時代を、たくましく生きていきたい思いがあります。

 

それは、武器を片手に蜂起を起こすような、

決して難しいばかりの劇的な話でなく、

いつもと異なるように言動する状況にいれば、

自然とそれに馴染んで、やっていくというのはあるでしょう。

 

たとえば、昼食を定食屋で食べるような時に、

いつもは生姜焼き定食を頼むところを、

今日は、刺身定食にしてみるような、

そういう遊び心が、実際は必要だということになります。

 

降りる駅を変えてみるだとか、着る服を変えるだとか、

本当に身近なところからできることなので、

頭の片隅=念頭に入れてやっていきたいものです。

 

意識と行動、どちらを変えることも必要ですが、

一旦、行動に移してしまうことの方が、

もしかしたら、意識を変えるのに早いかもしれません。

 

また、人の想像力というものは、

自分の想像の及ぶ範囲でしか広がらないので、

いかに広い世界を思い描いていけるのかで、

思い描ける範囲が広がっていくことになります。

 

さらには、大方の前例がないからやらないのでなく、

むしろその前例そのものを作り出してしまうような、

その意味での「革命」、それを起こしていけるように、

ひとりひとりが強い気概を持っていくのが良いのでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*