右のカゴ、左のカゴ、どちらに入れるのか、

それはある意味、自分自身の判断に任せられています。

 

日々、いろいろな選択を迫られ、決めていくわけで、

たとえば、牛乳を飲みたい、飲もうとなれば、

コーヒーを飲むことを選ばなかったということになります。

 

生活においても、もう少し大きな人生のようなものでも、

あの時にどちらを選んだから、今の自分があるのだし、

場合によっては、悔恨の思いがあるのかもしれません。

 

常日頃、選択の連続にさらされているうちに、

「隣の芝生は青い」と思うようなことも出てくるでしょうが、

果たして、本当にそれが"青い"のかは定かではありません。

 

会社でも組織でも、どこかに移りたいと思う場合、

今はその内部にいて、外の様子が魅力に思ったとして、

それが本当に飛び出して、外に出てみた時には、

実際には、外にいるわけでもなく、ただその内にいるだけ、

自分がどこに立っているかの違いになるだけのことです。

 

そう考えれば、何をしようとも、今いるところでやりきる、

そこが行き詰まったとか、つまらないからと言って、

どちらかというと逃避的に、他に移ったところで、

それだけで何かが変わるわけでもないのは明白です。

 

結局、また最初から積み上げなければいけないものですし、

刻一刻と年齢を重ね、時間の制約も大きくなっていくものです。

 

自分の持てるカゴの中に、何が詰まっているのか、

ないものを思うより、あるものを思うことや、

ひとつずつ、自分の中に増やしていくようなことが、

いつの時も大切だということに行き着きそうです。

 

それはコップに半分残った水を見てどう思うのか、

その考え方に近いとも言えるでしょう。

 

また、持てるカゴということを、人の器量に当てはめてみれば、

ひとつのカゴを大きくしていくようなイメージで、

一方で、時間を経て得た、さまざまな知識や経験は、

その大きなものの中に、いくつもあるような、

そういうイメージを持つとわかりやすいかと思います。

 

人間的な魅力に溢れ、知識や経験も豊富とあれば、

そういう人は、どこで何をしようとも活躍しますし、

多くの人の信頼を勝ち取ることも、きっと早いでしょう。

 

それはどこで何をやるのかは、さほど重要でなく、

選択を迫られる時に、自分の頭と心で決め続けていけば良いし、

その選択の連続が、一枚ずつの紙を積み重ねるようにして、

自分の自信を強めていくことにつながるでしょうから、

誰に委ねることなく、奮起してやっていきたいものですね☆

 

 

*シェアはこちらから*