野球の練習では、千本ノックという方法がありますが、

ひたすら打たれたボールを受け取るという、

どちらかというと、過酷な練習方法があります。

 

イメージとしては、放課後のグラウンドで、

日が暮れて、ボールが見えなくなるほどに、

気力・体力の限界に挑むようなものになります。

 

空手においても、100人と対戦する100人組手もあり、

なぜこういうことをやるのかに関して思うのですが、

1000回やることや、100人とやること自体が良いのでなく、

それだけできるような気力・体力を養うことができる、

それがあるから、やった方が良いような気がします。

 

そこまで大変なことをやったんだからという感覚が、

日頃の練習でも、重要な試合においても底力となり、

もっと高いところへ自分を押しやることができるのでしょう。

 

そうすれば、それまでやった数は実績や感覚としてでき得るので、

今度はもっと多く積んでいこう、重ねていこうとなり、

さらなる増強につながるということになります。

 

そのためにも、どこかで限界に挑むというのは、

今の力量を推し量る意味でも、地力を押し上げる意味でも、

やった方が良いということにつながってきます。

 

これはスポーツや武道、運動競技に限った話でなくて、

普段の仕事や生活においても、あるいは趣味においても、

同様のことが言えるのではないでしょうか。

 

たとえば、営業職の人に当てはまるでしょうが、

たとえば、電話を一日300件かけてみるとか、

一日に10人以上会ってみるとかになるのですが、

契約や結果につながるのとは別のところで、

やり続けるというのは重要かなと思います。

 

自分自身、スクワットにおける1000回〜の世界は、

かつて踏み入れてみたことがあるので、振り返ってみれば、

あれはやはり、そこまで行かないとわからないことがあります。

 

今は少し、仕事における千本ノックをやっているような気分で、

これをやり遂げたいわけですが、本当の意味では終わりはありません。

 

ただ、ある程度のところまで積み重ねた時に見える世界がどんなものか、

少し垣間見たいと言うに留まらず、大いに興味はあります。

 

別のカタチではあるも、

あの時にやれたのだから今もやれるだろう、

やってやれないはずはないという感覚が胸中にあるのは、

密かな頼りとなっています。

 

山の頂はどこまでも高いので、2000mなら2000mの、

富士山クラスの3000m以上、エベレストの8000m以上のように、

それ以上ならそれ以上の世界が待っているのです☆

 

 

*シェアはこちらから*