水玉模様(ドット)とは、根強く人気のあるモチーフですが、

"ポルカドット"とは、ちょうど良い大きさのものになります。

 

もともとはアパレル業界で用いられている言葉らしく、

5mmから1cmくらいの大きさのもので、

これより小さいものを"ピンドット"、

逆に、大きものを"コインドット"と呼ばれています。

 

このように、わざわざ「ちょうど良い」と、

表す言葉があることに、身震いするような感動を覚えるとともに、

果たして、この水玉模様(ドット)に限らず、

自分にとっての「ちょうど良い」とはどういうことかなと、

少し、考えを巡らしてみるのも興味深いなと思いました。

 

色、形、音、大きさや硬さ、その他の感触は、

結局のところ、感覚的なものであって、

どれが正解とも、どれが最も良いとも言えないものです。

 

ある人にとっては満足で、また別の人にとってはそうでない…、

少なからず、自分にとってどれが合っているのか、

それを知るのは、自分自身の理解にもつながる気がします。

 

たとえば、文房具のペンや鉛筆で考えてみると、

いくつも試していると、だいたい似通ってくるもので、

握り具合、インクや黒鉛の紙につく様子、重さのバランスなど、

次第に絞り込めてくることが、想像できるのではないでしょうか。

 

そうして見つけた、珠玉なのか、お気に入りの一本を手に取り、

それでもって、紙上にグルグルと丸を描いてみれば、

きっと、自分好みの水玉模様(ドット)が表れてくるでしょう。

 

紙の大きさ、余白に対して、どのように描くかは、

その時の心理状態や、深層心理さえも出て分析できそうですが、

それはさらなる興味や関心の領域ということになります。

 

もしも、それが紙面いっぱいになっていれば、

もはや塗りつぶしでしかなくなるのは注意です。

 

ただ、そこで描かれた水玉模様(ドット)は、

少なからず、自分好みのものになっているのではないでしょうか。

 

何を良いと思っているかで、それが如実に出てくる、

つまりはそういうことなのでしょう。

 

あとは、どれくらいの間隔で並べるか、

どのような配色にするかなど、

工夫の仕方もまた、枝分かれしてきますね。

 

水玉模様(ドット)を多く、そして長く見ていれば、

それがまた時間帯やタイミングによって、

何でだか「たこ焼き」にまで、連想が及んでしまえば、

この食欲を抑えることをどうするものか、

いやはや我慢はできないのが道理というものでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*