自分は空っぽだ、そんなことを思うと、

少しばかり寂しい気持ちにもなるものです。

 

空虚、空洞とは、中身がないということで、

それは、満たされていないということにもつながるものです。

 

これは、決して月極駐車場の「空」ではない、

実存とか、満足とかに関わることのように思います。

 

月極も、「げっきょく」と読んでいけないことは、

蛇足ながら、つけ加えておきますが、

このあたりを掘り下げていくとどこにつながるものか、

かなり手探りで、マンホールの下を行くことに近いものがあります。

 

自分は何も持たない、何もないということは、

いくらかの知識、経験、仲間などのあらゆるものが、

十分には備わっていないという認識・自覚になり、

ある意味では、自分を低く見積もり続けることになります。

 

これは、実際にはコップから水が溢れるように、

満ち満ちてはいないということではありますが、

コップの中に半分水がある時に、どう捉えるか、

その差異が、結局その後のことを決めている気がします。

 

その詳細は、ここでは割愛しますが、

ただ、どんな人にとってもありがちですが、

別の人から見れば、良いと思う、素晴らしいと思うことを、

肝心の本人が気がついていないことがあります。

 

得意と苦手が表裏一体、つまりはそういうことかもしれません。

 

そのようにして翻って考えてみると、

「空」であるのは、ある種利点にもなり得るわけですね。

 

呼吸や意識で、自分の真ん中を通る風のひと吹きのように、

ただひたすらにスーッと通すというのは有効で、

途中に、遮るものがないということは、

滞ることがないということにつながります。

 

心に曇りのない、不純物がないのは、

そこに映るもの、入るものが良いものであれば、

そのままに良いものであり続ける可能性があって、

その純粋な状態は、むしろ奨励されることでしょう。

 

いろいろな煩悩というか、執着というか、

日々過ごしていくには、煩雑な事柄が多いもので、

何か無心になるというのも、必要なことかもしれません。

 

そういう時にやるべきこと、やってみたいことのひとつには、

"ひとり電通"みうらじゅんさんがかつて手がけた、

「アウトドア般若心経」で、街中で見かける看板でお経をなす、

それを修行と見立て、取り組むべきものがあります。

 

こういうのをやり遂げる時、きっとあなたは何かを得るでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*