夏の厳しい暑さも、すっかり当たり前になってきて、

夏季休暇を利用して、息抜きや気晴らしをどうするか、

少なからず思案する頃合いかと思います。

 

ひとつ、ヨーレイヒーと声高々に、山を行くのは楽しそうです。

 

または、寄せては返す波に身を任せ、戯れるのも楽しそうです。

 

夏の行楽と言えば、大きく分けて「山」なのか、

「海」なのか、あなたにとってはいかがでしょうか?

 

これかあちらか、どちらかを好むとしても、

決して、もう一方を毛嫌いするわけでもなく、

むしろ、こういう時には、なぜそれを選んだのか、

双方の立場から、議論を闘わせるのも有効かと思います。

 

以前、何かしらで目にしたんですが、多くの日本人にとっては、

議論(ディベート)が、本質的には苦手というのがありました。

 

逆に、欧米ではこれらが活発に行われているわけですが、

それはなぜなのかというのを考えてみれば、

自分の立場や意見を、明らかにするか選ぶかして、

しかるべき主張を筋道立てて通すというのが、

文化的に奨励されているというのがあるでしょう。

 

喧々諤々と、時に激しく議論はするけれど、

それはあくまで議論の上のことだけで、

それぞれの立場を貶めるわけでもないし、

逆の立場の相手を打ち負かすわけでもないことを、

前提として、知っているのが大きいと思います。

 

日本では、この部分を分けて考えるのが苦手で、

議論の内容と、議論する相手を同一視してしまいがち、

意見と人格を重ねて見てしまうというのがあるそうです。

 

仕事や生活においても同様かなとも思いますが、

仕事の成果や生活の仕方は、極めて属人的であっても、

当人の資質や性格とは、必ずしも一致するわけではない、

その発想をあまり持たない人も多いような気がします。

 

自分自身も、分けて考えられているかは不明ですが、

せめてそうであろうと心がけているのはありますし、

立場が変われば、モノの見方が変わるのもあるので、

そこでの感じ方に、興味を強く覚えるのはあります。

 

建設的な意味で、ああでもないこうでもないと交わし、

それによって、新たな発想、気づきも多く出るでしょうから、

時間や機会の許す限り、やっていくのが良いと思います。

 

そうして、自分自身が「山」か「海」かどちらをより好むのか、

どちらかと言えば「海」を選ぶなと思いますが、

いろいろ考えられる、その理由のひとつとしては、

「山」の魅力をまだ知り得ていないというのはあるでしょう。

 

「山」派の人がいれば、ぜひご教授いただきたい今日この頃です☆

 

 

*シェアはこちらから*