このところ、本を読んだり、人の話を聞いたり、

さまざまな言説や意見に触れていると、

今後の社会、世の中がどう進んでいくのか、

自分たちの立ち位置や振る舞いとも合わせ、

決して深刻でなく、真剣に考える機会が増えています。

 

日本においても、高齢者が多くなる一方で、

働き盛りの若い世代がいないし、むしろ減っていく、

仕事の仕方や中身も、どんどん変わっていくことが、

もう今の段階で、かなり明確に予想されてきています。

 

機械や技術の分野でも、数年単位で大きく様変わりしているし、

世の中の常識みたいなものも、当然移り変わっています。

 

日本において、世代において、その置かれた状態によって、

どのように考え、行動していくのかは影響を受けますが、

それよりも、個人としてどうしていきたいのか、

こちらの方を先に考えていくことが必要なのかもしれません。

 

個人のことを起点にして見つつ、全体的にも同様にして見る、

視点をあちこちと動かして、冷静に判断していきたいところです。

 

個人においては、医療の発達で長生きはできるようになる、

しかし、長生きするためには、長く働かないといけないという、

自分のことは自分で面倒をみなくてはいけない状況があります。

 

次第に、成り立たなくなっているものとして、

終身雇用、年金受給、医療費負担などがあって、

それを加味して、さてどうするのかと、

そこになって直面する問題が幾つかあります。

 

ただ、意外と、目の前のことで一生懸命で、

もっと全体的に、自分の人生や生活を考える、

そんな機会を持たない人が、かなり多いように思います。

 

少なくとも1年くらい、せめて数年先くらいまでは、

仕事や生活が成り立つくらいの見通しが立っていると良いですが、

数ヶ月くらいをどうするかで追われてしまうこともあるでしょう。

 

世界はいつもシフト=推移していくわけで、

どこに確固たる正解があるわけでもありません。

 

先人ですら、未曾有の状況に、四苦八苦していることでしょう。

 

自分の身を担保として、実際がどうであるのか、

壮大な実験をしているような気がしますが、

後戻りややり直しが利かないという点においては、

少しばかり悲壮感が漂ってしまうかもしれません。

 

しかし、信頼できる人たちの視点を借りてみれば、

何をどうするべきかが、少しはわかってくるので、

それをひとつひとつこなしていくのが良さそうです☆

 

 

*シェアはこちらから*