日頃、より良いものを目指してそれぞれに励んでいるものですが、

思いを同じくし、切磋琢磨できる相手が身近にいるというのは、

自分の張り合いにもなるし、刺激にもなります。

 

ひとりでやるぞ!と思ったところで、人の心は弱いものですから、

いつでもどこでも奮起しているというのは難しいかと思います。

 

時に、勝敗がついて明暗を分けるかもしれませんが、

打ち倒す相手ではなくて、競い合う相手が、

「好敵手(ライバル)」となり得るのだと思います。

 

腕相撲がその良い例かと思いますが、

相手がいるから、拮抗して力が入るし

勝ちたい気持ちが、さらなる力を引き出すかもしれません。

 

そもそも、スポーツの多くで相手がいないのは考えにくく、

わかりやすく言えば、相手チームのいないサッカーのようなもので、

スムーズにボールを運んで、ゴールに入れたところで楽しくない、

逆を言えば、相手がいるから相手の陣地にも容易に入っていけないし、

ゴールを狙ってシュートすることすら阻まれるかもしれません。

 

しかし、それがあるから、さらなる上達を目指すものだし、

勝つということにおいては、強さを求めるということになります。

 

相撲、柔道、レスリングなどの組み合う競技では、

まさに一対一でのぶつかり合いで成り立つもので、

また、「格闘技」というものが、単に勝敗を決するだけでなくて、

「格(順位)を巡って闘う」ものであるから、

相手との関係性は、より密接になっているような気がします。

 

これは、スポーツという枠組みで、ルールがあるから、

きっと想像も、実際にやることも容易かもしれませんが、

この原理・仕組みを上手に活用して、

普段の仕事や生活に取り入れいくことが必要かと思います。

 

これは、性格的な好みということもありますが、

競い合う相手がいるから奮起するのを好む人は、

だから身近なところに、そういう人を求めるのであって、

それで望む通りかそれ以上の成果や結果を得るのであれば、

別段、責められるようなものではないことがわかってきます。

 

仕事や生活において、いつも良いパフォーマンスをする人は、

こういうのもどんどん活用して、力を出せる状況にする、

きっとその差異だけなのだと思います。

 

ただ、そのちょっとした差異であるようなことも、

知っていて、実際にやっているのにはかなわないので、

負けじ劣らじ、こちらもやっていくのが良さそうです☆

 

 

*シェアはこちらから*