日頃、声に乗せた言葉でも、書きつけられた文章でも、

心が動かされたり、心を打たれたりすることがあります。

 

それは、内容が興味深いものであるとか、

伝える技術として優れているとかあるかもしれませんが、

最終的に何が、その差を分けているのかと言えば、

伝える側の「思いの強さ」の有無のような気がします。

 

それは声の大きさや、強烈な言葉遣いとも関係しつつ、

しかし、それだけに留まらないもっと本質的なもので、

なかなかに名状しがたいものかもしれません。

 

これは、以前に少し異なるカタチで考えたことでもあるのですが、

本能と理性、論理と感情というような対となるもの、

脳で言うところの右脳と左脳にまつわるもので、

さて、あなたはどちらに重きを置いて考えているかという話になります。

 

人によっては、ガチガチに筋道だった論理的思考を好み、

またある人にとっては、もっと直感的な感情表現を好みと、

人それぞれに受け取りやすさと好みとがあると思います。

 

たとえば、多くの聴衆に向けて、言葉を投げかける時、

人それぞれの好みに応じて、その場で自由に変えるということは、

事前に用意してあったものを用いず、即興的にやることになり、

かえって、伝えたいことが散漫になる恐れがあります。

 

そして、そういう場合に限らず、個人相手でもそうですし、

少人数に向けるような場合でもどうするのか、

そこには、自分なりのこだわりや信念みたいなものが、

背後に見え隠れしてくるように思います。

 

自分自身の場合では、論理的なのか、感覚的なのか、

どちらの一方を採るのかと問われれば、

そのどちらも同様に採るという第三の選択をします。

 

少しばかり論を急ぐことになるかもしれませんが、

駆け足で述べるならば、「情理を尽くす」、

最終的には、ここに集約されることになるのです。

 

きわめて論理的であり、きわめて情動的でもある、

その双方が伴っている状態で語ることが、

相手に伝えようとする時のエネルギーとなり得るし、

それこそが「情理を尽くす」ことになるので、

この心構えや姿勢を持っていきたいと考えています。

 

自分自身、論理とか理屈を好むとも見られますが、

意外と、感覚的、直感的でもあると補足しておきます。

 

そうしてまた、大切に思っていることのひとつとして、

これが真髄であるかどうか、議論を展開するというよりかは、

これを真髄として、大切にしていきたい思いがあります☆

 

 

*シェアはこちらから*