いよいよ暑さも盛り上がり、夏本番なのかどうか、

間近であることは疑いようのないところですが、

ここ数年、夏が本当にサバイバルになってきています。

 

自分自身も、身体への負担は大きいですが、

ニュースを見れば、具合が悪くなって倒れたり、

場合によっては、病院に運ばれたりする人が、

連日、何名かはいるような気がします。

 

冷房を用いて、過ごしやすくするのも有効ですが、

外出先の建物に入ると、時折冷えすぎなところもあって、

外の暑さと、建物内の涼しさの落差の大きさに、

かえって、調子を崩すこともあることでしょう。

 

このあたりの、ちょうど良いところがなかなかないし、

「暑い、暑い」と言ったところで状況は変わらないので、

まずは、視覚的に涼を求めるために、雪景色を眺めてみるのも、

手立てのひとつとして、有効なのかなと思った次第です。

 

風鈴を軒先に下げて、そのささやかな音色に、

気持ちを和ませるのも風情があって良いですし、

このあたりは、近年の過酷な状況に対して、

いろいろ工夫して、乗り切っていきたいところです。

 

表題のように、身体の中から冷やすというのも良く、

代表的で身近なものは"かき氷"ではないかと思います。

 

あの、つくる時からのシャリシャリとする様子しかり、

一度に食べると頭がキーンとなるエピソードしかり、

夏の風物詩のひとつとして浸透していることでしょう。

 

最近、かき氷に関することで見知ったのですが、

上にかける、赤・青・黄の鮮やかなシロップのことで、

基本の味は変わらずに、単に見た目の色だけが異なるそうです。

 

目を閉じて食べてしまえば、"いちご"も"ブルーハワイ"も、

その他のものも、舌で感じるのは同じということになります。

 

ただ、これも視覚効果のなせる業でして、

それぞれの色のイメージと味覚とが結びついている、

その結びつきの強さをそこはかとなく思うものです。

 

このシロップを、いくつか組み合わせグラデーションにすれば、

上手な人の手にかかれば、虹色のものができるということで、

そういう楽しみ方も合わせながら、存分に食していきたいものです。

 

そのようにして、涼を取りながらそれぞれの仕事や勉強に励みつつ、

かき氷自体、もともとが水であるだけに栄養は特にないので、

必要なエネルギーや栄養は、他で十分に補って、

元気や活力が溢れるようにやっていくのが良いと言えるでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*