自分ではない誰かを見て、そうなりたいなと憧れる、

それはきっと、自分にはないものであったり、

今はまだ足りなかったりするものを、

その人は持っているからなのだと考えることができます。

 

直感的、本能的な判断でなされることが多いかもしれませんが、

特に強く惹かれる場合には、それはなぜなのだろうと、

理由や背景をこと細かくたどってみると、

自分の好み・傾向がわかることもあるでしょう。

 

そういうものと照らし合わせて、見渡してみるのも興味深く、

目鼻立ちが整っていて美しいということもあるでしょうが、

それも黄金比的なバランスや、顔立ちや骨格だけでもないところの、

全体的なたたずまいが魅力的という場合もありそうです。

 

「才色兼備」、「神は二物を与えた」みたいに、

それなりにわかりやすいカタチで判断することもできますが、

それだって、絶対的なものではないはずです。

 

憧れの、目標とする同性では、どんな人がそうなのか、

異性ではどうなのか、少しばかり思いを巡らせてみると、

おそらくは、常に前を見て、新しいものを求めている、

それは共通してあるのかなと思います。

 

どこまで進んでも、これで完成・完結みたいなことはなく、

アイディアの浮かぶ限り、興味・関心の尽きない限り、

何かしらはあるのだから、それを受け入れて出す、

音楽や表現ということではわかりやすいのもありますし、

運動やスポーツにおいても、加齢によるものでなく、

自分自身の身体の使い方を、向上させることはできます。

 

これくらいで良いだろう、ここまでやったから良いだろうでは、

せいぜいが現状維持に留まってしまいますから、

場合によっては押し戻され、衰退・減退ともなってしまいます。

 

それでも、意志の強い人を見ると励まされる気分にもなりますし、

自分に"喝"を入れる意味でも、身近にいるとより良いような気もします。

 

人間誰しも、ひとりでは決して強いものでもありませんから、

その場に踏みとどまり、逆風にもめげないようにするために、

憧れの人、魅力的な人を多く知っていたいものです。

 

凛と立つ姿は、自信に溢れ、表情も輝いているので、

それがきっと「美しい」ということにもなりそうです。

 

また、美しい人を見て、素直に「あなたは美しい」、

そう言える人もまた、とても魅力溢れる人だなと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*