多くの人にとって、もとい、ほとんどの人にとって、

「衣・食・住」は切っても切り離せないかと思います。

 

どれもが欠かせないものではありますが、

特に、何をせずとも時間が経てば空腹を覚えるし、

生物としての、生存上何も食べないのは、

そのまま死活問題にも直結するものです。

 

多く食べる、少なくしか食べられない、

胃袋との兼ね合いによる、食の細い・太いは、

それぞれにあることでしょう。

 

また、文化的に言えば、単に空腹を満たすだけでなく、

その味わいを堪能するという観点もあります。

 

少しとらえ方を変えてみるだけでも、

その「食」の道は、どこまでも奥深いもので、

これを語っていくには、なかなか自分にとって、

非常にチャレンジングな試みとなります。

 

それは、食材、調理方法、調味料、盛り付け、

食べる順番であったり、お酒との組み合わせであったり、

追求すればするほど世界が広がるようにも思うためです。

 

そして、「おいしい」というのを基準にするにしても、

非常に感覚的で、ある意味相対的なものでもあるので、

万人にとって、最高に「おいしい」とは何か、

これも語るには、一言で表せないものだなと思います。

 

食材同士、料理とお酒との組み合わせということで考えてみると、

大根おろしにちりめんじゃこ、ベーコンに卵焼きなど、

長く親しまれているような定番の組み合わせは安心感があり、

また、パスタに麻婆豆腐をかけるというような、

国や地域を越えて合わせてみるというのも興味深いものです。

 

お酒に関しても同様で、洋食に合わせる日本酒や焼酎、

寿司や天ぷらに合わせるワインのようなことも、

少しずつ定着しているような気もします。

 

どれも、決して規格外というようなものでなく、

一定の理論(セオリー)はあることでしょうが、

こういうのもある程度は体系的に知らないと、

単なる独創性で終わってしまう恐れもあります。

 

歴史的な背景や、製造上の工程など、

数多知っているからこそ、逸脱もできるので、

それがまた味わい深くなる一因ともなり得るのです。

 

口に入れ、舌で味わうと同時に、

知的なところからも味わいを増していけば、

脳にとってはまた、甘美な体験ができることでしょう。

 

そして、以前もどこかでお知らせしたかもしれませんが、

何をどのように食べるのかも大切ですが、

誰とというのも、同じかそれ以上に大切なことですので、

そのあたり、念頭に入れて、かみ締めていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*