いつも思うのは、人があってこそ、

日々の生活や仕事が成り立つのだなという、

至極当たり前のことに行き着きます。

 

これまで関わってきた人、今の時点で関わっている人、

そして、これから関わっていく(であろう)人と、

自分の置かれている状況と目指すものによって、

人との関わり方は自ずと変わっていくものです。

 

個人的には、「人脈」という言葉を、

あまり信用していないというのはありますが、

出会いの幅の広がりと深さを求めるのは、

いつの時も必要なのだと感じます。

 

結構、思わぬカタチで発展することもあるので、

そういう機会をしっかりとつかんでいくこともそうですが、

決して、一過性のものでなく続くものであるよう、

心がけていくことを忘れてはなりません。

 

これは、自分もやってしまっているのかもしれませんが、

自分の持っている、それなりの知見を伝えようとして、

しかし、相手にとっては、それは望んでいない、

お互いにとって、かみ合っていない状況があります。

 

もちろん、相手を不快にしようと思っているのでなく、

しっかりと喜んでもらえるように思いつつも、

自分の、押しつけがましい気持ちも、出ているのかもしれません。

 

これは、自分ではなかなか気がつかないところであるのですが、

逆の立場でされたら、自分はどう思うのかというのは、

かなり説得力のある感覚を得ることになります。

 

この感覚を得たとしたら、もし同じようにされたら、

他の人も同じように思う、その確率が高いということになり、

そうすれば、最初からそれを回避しようという判断もできます。

 

また、残念だなと思うことの一つに、

「押しが強い」というのがありまして、

こちらは一定の興味はあるけれど、

そこで終始しているのにも関わらず、

こちらに押しつけてくることがあります。

 

特にまた、仕事が関わる取り引きみたいになってきますと、

モノやサービスの授受があれば、金銭的なやり取りも発生するし、

その金額によっても、大小さまざまな問題が生じやすいし、

かつ、深刻であるという側面を含むことになります。

 

それが、あまりにも一方的になってしまうと、

押しつけられる方にとっては、ますます依怙地にもなって、

そもそもの良くなりつつある関係、すでに良い関係にも、

もしかしたら亀裂や異変が生じやすくなるのはあるでしょう。

 

いずれにせよ、良い感じで"心で握手"ができる関係、

その力強さもそうですし、数の多さもそう、

どちらも欠けることなく増えることを目指し、

しっかり達成していきたいと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*