その昔はタイプライターというもので、

ボタン上のものをガチャンガチャンと押すことで、

紙の上に、文字が記されるというものでした。

 

今となっては、キーボードに打って変わり、

その押すこと(タイピング)もずいぶん楽になりました。

 

それこそ"キーボード"というくらいですから、

あるいは、鍵盤楽器のように、流れるようにして、

カタカタと打つこともできることでしょう。

 

やっていること自体も刻字のみならず、

多機能になり、本当にパソコン1台あれば、

かなり多くのことができるようになりました。

 

さすがにこれを歩きながらやる人はいませんが、

オフィスでも、カフェでも、コワーキングでも、

隣り合ったり、身近に座った人がいたりして、

パソコンを広げるという光景が当たり前になってきました。

 

時々、座るところからはじまって、

机の上に、パソコンや電源コードを出す時に、

結構、音を立てて行う人がいます。

 

別段それ自体、ささいな問題ではありますが、

ついぞ、パソコン作業がはじまると、

カタカタカタカタ…、カタカタカタカタ…、

大きな音を立てて打つのには、どうしても気を取られます。

 

また、強者になると、その場で電話通話もするという、

果たして、周りのことを配慮できているのかな、

他人のことながら、勝手に心配してしまいます。

 

当人は、自分のできる具合をアピールしたいのか、

それは、それぞれ聞いてみないとわかりませんが、

いずれにせよ、周りに配慮のできるのもそうですし、

極力、優しいタッチが良いですね。

 

早く早くと思って、カタカタとやっても、

意外と打ち間違えていることも多くありますから、

静かな、それでいて正確でいたいですね。

 

こういう振る舞いは、何事においてもそうなのかと、

「一事が万事」的に、勝手に推測しているのですが、

これはなかなか良い読みなのではないかと思います。

 

極端に言えば、前述のように、

モノを置いたり取ったりする時に、

少し乱暴にというか、ガタガタッと音を立てて行う人は、

それが男性である場合、女性に対する接し方も、

もしかしたら少しがさつなのかって思ってしまいます。

 

そのようにあてはめて、観察してみる場合、

それもまた、妥当な見方かなと思います。

 

普段どう思っているかが、そのまま行動にも出ますから、

自分はカタカタし過ぎていないか、一度確認してみましょう。

 

そして、周囲の状況も、しっかり見渡せているのか、

これはまた、別のところに活用できそうですね☆

 

 

*シェアはこちらから*