何にせよ、やるのかやらないのかというのは、

その向かうべきモノの大小ではなくて、

単に、立ち向かう勇気があるかどうか、

結局のところ、それに尽きるように思います。

 

明らかに、ここからは危険ですと言われ、

断崖絶壁だか、高層ビルの上から飛び込むのは、

勇気というよりかは、ただの無謀でしかなく、

そういう生き死にに関わらないことでの話になります。

 

学校を経て、社会に出ていく過程では特に多く、

進学、就職、時々は恋愛において、

自分の持てるモノを出して、望むようになろうと、

必死で取り組んできた人は、きっと多いかと思います。

 

それ以降は、昇進試験とか、転職とかはあるかもしれませんが、

どちらかというとそれは大きな流れの上でのひとつであって、

自分のこれからとか、人生とかの行き先を、

決定的に分けるものではないのかもしれません。

 

どうしても普段接する人や行く場所なども固定されますし

そうすると、惰性とか現状維持とかのバイアスが強く働きますから、

一度乗ったレールから思い切って外れるというのは、

そもそもが考えにくいもののようにも思います。

 

それでも、時にこのままで良いのか、

5年、10年の先を見据えるような場合には、

軌道修正と言いますか、これから進む先と、

自分がどうしていきたいのか、見直すこともあるでしょう。

 

そういうことに思い至ることが、

ある人にとっては苦手とか、目を逸らすとか、

なかなか相容れないものがあるかもしれません。

 

何を優先し、何を大切にしていきたいのか、

その答えは千差万別、数多あってしかるべきものですが、

このままではいかがなものか、そんな具合に危惧を覚えるのなら、

何かしら異なるように手を打ち、足を踏み出すことが必要です。

 

そうして、どこに向かう、何に向かう…、

最初は見えないかもしれないですが、

より良くなっていきたい、その意思があるかどうかは、

他のどんなことより大切なものかもしれません。

 

しかし、小さな一歩でも、新たなところに踏み出せば、

それは大きな変化ということになるので、

最初から"清水の舞台から飛び降りる"ような、

悲壮な決意とは、少し趣を異にするような気がします。

 

一旦動き出せば、その方向に向かっていくのだから、

あとは、より行きたい方向を明確にして、

少し軌道を修正したり、速度を調整したり、

ぐいぐい向かっていくのが良いでしょう。

 

そこにはどんな景色が待っているのか、

行ってみなくては、味わえないものがあります☆

 

 

*シェアはこちらから*