これは、今もって有効かと思いますが、

葉巻やパイプをくゆらすというのは、

紳士のたしなみのひとつとしてあげられるでしょう。

 

キューバ産のものが良いだの、どこのが良いのだの、

追求すればするほど奥深いものがあります。

 

葉巻の煙は、肺にまで入れるのではなく、

口の中で香りを楽しむものとされていたり、

パイプを片手に、読書をしたり、会話をしているのは、

風格や余裕が感じられたりして、良い雰囲気が漂います。

 

大いなるダンディズムとして、いずれは似合うようになりたいな、

実際に、煙をたなびかせて、味わうかどうか別として、

持っているという姿が、サマになるようにしたいものです。

 

ここまでは、あたかも少し知っているかのように進めていますが、

決してそんなことはなくて、憧れを想像で補っているに過ぎません。

 

また、多くの人にとっては、タバコの方が馴染みがあると思いますが、

そのタバコでさえ、自分自身、これまで吸ったことがありません。

 

そこを踏まえた上で、読み進めていってもらうと良いかと思います。

 

ここ10年くらいでの変化が大きいのでしょうか、

年を追うごとに、喫煙者の肩身がどんどん狭くなって、

タバコを吸えるのは、ごく限られた空間や場所になっています。

 

少し古めの映画やドラマ、1970〜1990年代くらいでは、

そういうシーンが何事でもないように散見されますし、

事務所、会議室、喫茶店、食堂など、

いたるところで吸うことができたかと思います。

 

ここ何年かのことで、昭和の頃を描いた映画の中で、

喫煙シーンがあるのがいかがなものかと、

少し議論というか、話題になりました。

 

これはおそらく、大きくは二つの側面があって、

ひとつは、成人にとっての健康への影響を鑑みたこと、

ふたつめは、青少年への良くない影響を懸念してのことだと思います。

 

以前は、大人になれば吸っているのが当然という風潮がありましたが、

数年ごとに行われる、値上がりも徐々にありつつ、

健康への意識も高まってきたのも要員ではないでしょうか。

 

吸うことで何かしら気がまぎれるとか、気が済むとか、

何かしら得る効果はあるのかもしれませんが、

それよりもリスクを重んじるようになったことは、

個人的には、良い傾向だなと思っています。

 

あとは、提唱したいことのひとつとしては、

「食後の一服」の代替として、「食後の一曲」、

気持ちを切り替えるのに音楽を聴くわけですが、

まずはタバコは控える、そして、やめるのを推奨します☆

 

 

*シェアはこちらから*