「ステキな人に抱かれたい」という表現がある場合、

これは、どのような状況や意図で言っているのかによって、

伝わる伝わり方が異なってしまうかと思います。

 

それはさておき、心を許せるステキな相手と出会ったのなら、

より近い距離で、お互いを感じていたいたいというのは、

とてもシンプルで、当然のことかと思います。

 

今日は、いささかロマンティックにお送りできれば良いな、

そんな思いを、どこかに置きながら進めていきたいものです。

 

最近は、心と身体、それにときめく対象が男女のどれなのか、

繊細な視点と実際がありますが、ここでは端的に男女の場合で考え、

それに基づいて、思うがままに述べていきたいと思います。

 

そして、いきなり「愛」とは、果たして形而上的なものなのか、

あるいは、形而下的なものなのかととらえていきます。

 

自分の好意を言葉にして伝えたり、それを言わずして行動で表したり、

そして、それを受ける側がどのような印象を受けるのか、

お互いに好意を持っていて、相手のことを好意的に見ているならば、

そのすべてがとても甘美で美しく目に映るし、心に響くことでしょう。

 

しかし、お互いがそうでない場合、目に見える現象としては同じでも、

内心がまったく異なっているようでは、まさしく悲劇でしかありません。

 

このあたりは、すっぱり解明しきれるものでもないので、

何をどう思いながら、行動していくかの複層的な構造があります。

 

さて、構造とか段階とかで少し考えてみますと、

好きの段階にも、無関心から数えていくとざっと10段階くらいあるそうで、

まずは、最低限は嫌われないところにいるのが良いというものです。

 

最近は、方々で言いたいし、一部で言っていることがあって、

それだけ自分自身が深く納得していることがあるのですが、

少なくとも異性、特に異性相手の場合で嫌われないためには、

①挨拶をする、②清潔感がある、③自慢話をしない、

この3項目が必須だというものです。

 

聞いてみれば当然の、特に異論は出ないでしょうが、

これらを実践することで嫌われないということは、

好かれるための第一歩を踏み出しているということで、

やらないことを選ばないわけにはいかないものです。

 

それだけ、きちんとできている人が、

思いの外、少ないということでもありますから、

自ら実践し、自らの手でチャンスをつかんでいきたいものです。

 

少し雑多な内容になってしまいましたが、

いろいろな角度から語れるテーマだけに、

今後も思いついたことがあり次第、

順次取り上げていってみたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*