普段の生活を、「大人」として送っていると、

それほど、感情を露わにする機会や場面って、

それほどないような気がします。

 

「大人しい(おとなしい)」というほどに、

分別のある年齢・年代になっているのなら、

もっと理知的で控えめにいなさいという、

社会的な無言の要請があるとも言えそうです。

 

顔の表情、身振り手振りも行わなければ、

逆に、乏しいものになるばかりです。

 

それは、本来的に良いことなのか、

それすらもわからなくなりそうです。

 

あなたが笑うように、私も笑い、

私も笑うように、あなたも笑ってほしい。

 

喜怒哀楽と広げても、その時々に応じた感情表現を、

カラダ全体でやるようなことがあって良いかもしれません。

 

どちらかと言えば、喜びと楽しみが多い方が良くて、

普段、こういった表記ではほとんどやりませんが、

語尾に「(笑)」、これをつけてみればまずそうなります。

 

【例】今日、カレーライスを食べた(笑)

 

すると、理屈をすっ飛ばして、楽しくなります(笑)

 

ささやかな実験は、これくらいにして、

しかし、カタチから入って気持ちを伴わせることはできるので、

言葉や表情から取り入れていくのは大切です。

 

顔でじゃんけんをするかのように、

思いっきり目を見開く、思いっきり顔をすぼめる、

思いっきり顔をゆがめるようにしてみると、

表情が豊かになりますし、血行も良くなることでしょう。

 

あと、ニッと笑って、1〜2分維持していると、

思っている以上に、表情の筋肉がプルプルとして、

日頃、どれだけ使っていないかを思い知るものです。

 

多くの人にあてはまるであろう、仕事やスポーツの場面でも、

月末に予算を達成できるかどうか、大切な試合に勝てるかどうか、

普段の取り組みと練習がモノを言うわけで、

望んだ結果になれば嬉しいし、そうでなければ悔しい、

しみじみとかみしめるのも良いかもしれません。

 

ただ、こういう時に、露わにして次につなげるというのも必要で、

感情の浮き沈みを、逆に利用していくのも良いと思います。

 

スマートに淡々とこなすのが、大人の振る舞い、

それはあくまでもひとつとして、

わかりやすく、泣いたり笑ったりしている人は、

周囲から見て、むしろ魅力的に思えることもあります。

 

自分自身、なかなか上手に泣き笑いできないものですが、

特別意識せずとも、自然にそうなってしまうような、

刺激的な日々を送っていきたいものです。

 

そして、そのように思っていること自体、

思う方向に向かっているとも言えるのです☆

 

 

*シェアはこちらから*