七夕、織姫と彦星は、しっかり会えたのかな、

ロマンを思いつつ、今日をはじめたいと思います。

 

風の強い日、瞬間的にピューっと強く吹く風もあれば、

一定の時間ビュービュー吹きつける風もあります。

 

そういう日の心配は、まず電車の運行状況となり、

また外を出歩いてみれば、持ち物が飛ばされやしないか、

雨も降るともなれば、傘が役に立たないこともあるでしょう。

 

正面に向かっては、歩くことも困難になるくらいでは、

人自体、宙に浮かないものかとも思いますが、

時に、看板なんかも吹き飛ばされることがありますから、

身の回りにしっかり気を張っておくことも必要となります。

 

ただ、こういう、本当に風の強い日というものは、

年間を通じて、実際にはそれほど数は多くもなさそうで、

多少の不便や支障があるかもしれませんが、

非日常のそれだけに、何だか楽しくなってくるのはあります。

 

それも、日本においては竜巻がほとんど発生しないので、

その安堵感にだけ寄りかかるのは留意したいところです。

 

夏〜秋の頃の台風の通り道では、毎年雨風の猛威にさらされ、

家屋の倒壊、農作物への影響が起こりえますから、

風のみならず、他が加わるのは、決して愉快ではなく、

気持ちがざわついてしまう一面はあるでしょう。

 

それこそ死活問題にもなるため、

よって、前述のことも、決して無責任でもなく

あくまで、そうでない範囲においてということは述べておき、

風吹く現象をとらえていきたい思いがあります。

 

ささやかな風では、風鈴が鳴るように、

夏の暑さに対して、涼を感じる先人の工夫であったり、

陸上競技では、追い風を記録に加味して測ったりと、

カタチのないものだけに、目に見たい気もします。

 

空気を含む風、それはどうしたら実体をとらえることができるのか、

それは、たとえば、風船であったり、鯉のぼりのような吹き流し、

または、風見鶏のように風を受けて動くものであったりします。

 

もしくは、木々の揺れる様子や、雲の流れを見れば、

どれくらいの風が吹いているのか、察することもできます。

 

地に降り立っていれば、風の起こる現象というものは、

ほとんど意識しないで過ごしてしまいそうですが、

地球の回転、動きを考えれば、無風というのは、

むしろ考えにくいのではないかと思います。

 

何かに挑むとして、向かい風ばかりでは大変ですが、

挑むこともなく、何も感じない無風の状態も、

決して良いものではないので、風を感じるというのは、

多くのことにおいて、刺激をもたらしそうです。

 

そういった四方山を、風の吹くままに思ってみれば、

ぜひとも、日々の生活に、追い風を感じていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*