人は、思い出に頼って生きるものなのか、

良い思い出さえあれば、それだけで生きていけるのか、

簡単に言うならば、そんな話。

 

今はもう距離的にも、物理的にも、

遠くなってしまった人がいて、

その人のことを思うことが、懐かしむだけなのか、

忘れること自体が、どこか寂しいものであるから、

手放せないだけのものなのか、その線引きは難しい。

 

脳裏に焼きついた記憶は、今もそのままに残っていて、

それはある意味「昨日のように」思い出せもするものですが、

時折、フタが外れたかのように、心に押し寄せることがあります。

 

かなり曖昧模糊とした言い回しが多いものですが、

今でも、一日のどこかで思い出しているような気もしているし、

自分にとって、過不足なく伝えきれるものでもないので、

その遠慮・ためらいの表れと思ってもらえたら良いと思います。

 

個人的には、長らく思ってきたことのひとつ、ふたつですが、

ここまでは、誰かとの関わりにおいての話になります。

 

ここからは、少し風向きを変えながらやっていきますが、

記憶の果たしている役割みたいなのを取り上げたいと思います。

 

これは、これまでの経験が、これからの経験に活用できるというもので、

過去の成功体験があると、それはまた再現性が高く、

まったく異なった事柄でも、同様の成果を出すことがあります。

 

これも、実際的に攻略するべきポイントを押さえるような、

センスというか、目の付け所、勘所が鋭いのが所以ともなりますが、

意外と、この思い出という名の記憶によるものも、

実際には、かなり大きいのではないかと思います。

 

その時の奮起、踏ん張りなどの、諸々の取り組み方と熱意、

それが、自らの肯定感を高めることになって、

どんなことに対しても、しっかり処するということがあるかもしれません。

 

そういうものの方が、計り知れないエネルギーを発しそうで、

本来的に、そういうものは侮りにくいなと思います。

 

では、そういう成功体験みたいなものがない人はどうすれば良いのか、

ある意味、逆転の発想で、これからの成功体験を先行して、

その様子を脳裏に思い描いたり、振る舞いをそれになぞらえてみたりと、

工夫次第では、何とかなることが多いのではないでしょうか。

 

おそらくは、前向きな発想を心がけることで、

事実を書き直すことはできないけれど、解釈は修正が効きそうです。

 

自分に有利なようにするばかりだけではいけませんが、

少し"チート"なくらいが、ちょうど良いかもしれません☆

 

 

*シェアはこちらから*