世間には、いろいろな仕事がありますが、

どちらかというと、単調な部類に入る、

レジ打ちやコピー取りの仕事があります。

 

ここにおいては、どれだけ独創性を発揮できるのかではなく、

どれだけ正確にできるのかということが求められます。

 

厳密に言うと、仕事というよりかは作業になるのですが、

そうなると、元々が単調であるだけに、

人によって、どう取り組むかに次第に差が出てきます。

 

コピーにおいては、時間を短縮するとか、

留める位置にこだわるとかがそれに当てはまります。

 

特に、レジ打ちに関しては、自分が客として、

コンビニや飲食店などを利用する時に、

その取り組みの様子を目の当たりにすることがあって、

そっけないふりをしながらも、

内心では、いろいろ観察をしてしまいます。

 

自分が、それほどまでに期待していないということもありますが、

声が小さい、言葉が不明瞭など、あまりやる気を感じなかったり、

「ありがと・やんしたー」みたいな、おざなりなのを聞いたりすると、

すぐさまグッタリする気がして、少し滅入る気持ちになります。

 

もしくは、これは、ごく稀にではありますが、

非常にハツラツしていて、思わずこちらもキリッとするような、

出会えて良かったという人もいて、こういう人の働きぶりは、

効率や成果を越えて、大いに嬉しい気持ちになります。

 

特にアルバイトにおいては、「時給以上の働きをしなさい」と、

実際にもらえる額面にとらわれない姿勢が求められますが、

これは、決してたくさん働かせたいということではなくて、

そういう頑張りは、別の形で返ってくるというわけです。

 

こういうのを心がけて、やろうとしている人は、

たとえば、正社員としての登用の声がかかることもあるだろうし、

お客さんからの覚えがめでたくて、ひいきにされるなど、

その後の展開において、思わぬ恩恵を得ることになります。

 

自分自身、いつもやっていることにそういう姿勢を持って、

懸命にやっているのかといえば、まだまだ改善の余地はあって、

やさぐれて「ありがと・やんしたー」の側にならないように、

気をつけていきたいし、良くなってもいきたいものです。

 

また、買い物をする時には、ほとんど袋をもらわないので、

向き合う相手が自分の反映であるのなら、それも意識して、

「袋、いりませーん!」と威圧的にならない程度に毅然として、

お互い、気持ちの良いやり取りを重ねていきたいものです。

 

少し意識してみれば、創意工夫できる場面はいくつもあって、

その、それぞれを楽しんでいくのが良さそうです☆

 

*シェアはこちらから*